「夢」の提案

         

 こんなことができたら 

              
            東京都国分寺市 木滝 優                 


日本ツバキ協会の活動で、こんなことができたらいいなと思うことをご提案させていただきたいと思います。東京中心になってしまいますが、先ず、「夢」というよりは、もう少し身近に考えられることを3点まとめてみました。お目通しいただければ幸いです。

       1 東京都「海の森」植樹への参加

 東京都は、平成19年から「海の森」整備を始めました。これは、江東区のごみ埋立地を募金とボランティアによる植樹で緑化していこうという事業で、主に海岸域に生育する照葉樹をタネから育て、植樹し、ごみの島を大きな森に変え、ヒートアイランド防止なども目的にしていこうというものです。
そこで全国の会員からツバキのタネや実生苗(いずれもジャポニカに限ったほうがよいと思います。)を募り、育てた苗を植樹用に提供し、ボランティアとしても植樹事業に携わっていこうという案です。いくつか参加条件がありますので、東京都と折衝が必要になると思われますが、東京の海浜に何十年か後にはツバキの森ができると思うと楽しみです。

 

    2 銀座花椿通りの植え込み整備

 銀座7〜8丁目の花椿通りの入り口に、わりと立派なツバキが植えられ、毎年、花を咲かせていますが、歩道の植え込みは、けっしてきれいに整備されているとはいえず、せっかくの華やかな場所なのに残念な景観です。
これは、花椿通りを、地元商店街組合や中央区との問題はありますが、会員の力でツバキの開花シーズンには、わざわざ見に行く価値があるくらい、華やかな植え込みに整備していこうという案です。
同じように日本各地に「花椿通り」があるのではないかと思います。それぞれ地域ごとに特色を持った、春が待ち遠しくなるような商店街の椿通りが整備できるのではないでしょうか。

 

    3 百貨店でのツバキ展開催

 日本橋三越(相当以前で記憶が定かではありません。)、池袋西武(大盛況でした。)で開催された春のツバキ展は、規模、展示内容、集客力、いずれも大変すばらしいものでした。
植物園で開催されている現在の運営が会の本旨からは最も理想的な形態ですが、色々な方々が大勢訪れる百貨店での開催は、ツバキの魅力をより多くの人たちに知ってもらい、育ててみようと思う人を少しでも広げるには、絶好の場所だと思います。
現在、百貨店の業績はかなり悪く、経営が好転する状況にはありません。それでも、ツバキを介し大勢の人が集まり、各地の栽培業者が集まり、ツバキに関する様々なものが一堂に会した百貨店での催しは忘れることができません。もう一度、百貨店でツバキ展を開催できないものでしょうか。
最近、園芸に関する催し物が百貨店では見られなくなりましたが、園芸教室を不定期に実施しているところは少なからずあるようです。こういった催しから、ツバキ展開催へと広げていけるのではないかと思います

 

  ツバキ懇談室を 

             飯能支部 高野 末男

 


 小さな小さな夢があります。協会の事務所の配置を知らないのであくまでも夢ですが、

事務所の一角に会員の懇談室を設けて、月一回でもふた月に一回でもツバキ好きが集まりツバキ談義をすることです。
 インスタントコ−ヒーでも飲みながら、各人が自分の知り得たツバキ情報を語り合う。

協会に負担がかからないように、お茶は持ち寄り、片付けや掃除も参加者がする……。

初めて出会ったメンバーが、ただツバキに惹かれているというだけで、旧知の仲間のごとく楽しく語り合う。

時間切れとなり、名残惜しくて居酒屋で延長戦が始まる……。

 こんなことがいつかできたら、どんなに楽しいだろうと、まだ生まれたばかりの夢を追っています。






 
 戻る