「椿のうた」が響く

幻のCDで義援金 「しゅしゅ」に協力を


「赤い椿の花言葉は……」。大震災の打撃から立ち上がろうとする大船渡の街に「椿のうた」が流れている。3月の全国椿サミットで披露されるはずだった大会テーマソングだ。歌っているのは女性4人のアカペラ・カルテット「XUXU」(しゅしゅ)。
国立音大教育学部学生を中心に結成した声のパフォーマンスグループ。ジャズやクラッシック、歌謡曲など幅広い素材をつかって、「しゅしゅ語」と名付けたスキャットで多彩な音楽をつくり出す。新しい音楽表現をめざして2002年にデビュー、2003年にはストリートミュージシャン優秀賞、2004年、2005年にはスイングジャーナル誌人気投票ボーカルグループ部門で連続1位になるなど、活躍を続けている。
左からyuki  asuka  noriko  yumi
yumiさんの祖父が陸前高田市の出身だった縁で大船渡市が東京・港区と企画した東京タワーさんま祭りに参加、大船渡サンマソング「オラーサンマ!」をつくるなど関係が深まり、2009年に「さんりく・大船渡ふるさと大使」に任命された。昨年夏には現地の夏祭りに出演、椿館「碁石」も見学した。秋、椿サミットが話題になり、「椿の歌をつくってくれませんか」といわれた。yumi  さんは椿について猛勉強、「椿のうた」を作詞・作曲した。4人が歓迎パーティーで歌うプログラムができていた。市と市観光物産協会が予算を組んでCD1000枚つくり、サミットの参加者に配るほか、会場で一般にも販売する計画だった。ジャケットは市職員の菅原英資さんがデザインした。
ところが、宅配便が大船渡の集配所に着くはずの11日に大地震が襲い、行方がわからなくなった。「流されたか」とあきらめていたが、3月末になって無事がわかり、配達不能で東京に送り返された。「椿を愛する人たちの前で歌う機会はなくなったが、別の形で大船渡の役に立ちたい」と4人は考えた。「CDは私たちが買い取ろう」とビクターに支払い、500枚は市に寄付し、500枚は販売して売り上げを全額義援金として大船渡市に寄付しようと決めた。協力してくれる人たちはいないか? 出産のため故郷の久留米に帰っていたリーダーのyukiさんが知人からツバキ協会について“取材”、事務所に電話してきた。4月23日の理事会は「全面的に協力しよう」と全員一致で決めた。4人は6月11日の総会で「椿のうた」ともう1曲、歌声を聞かせてくれる。多くの会員が出席し、そしてCDを買い求めてくれるようお願いする。1枚1,000円。総会に来られない方は、メールで info@xuxu442.com へ申し込んでほしい。送料はXUXUが負担する。また、CDに同封して振込用紙を送るので、後払い。「信頼です」と4人は微笑む。CDには「オラーサンマ!」も入っている。
  東京タワーサンマまつりで歌うXUXU
市に寄付された500枚のうち200枚は市が報道関係に提供したり、被災地支援で活躍している団体などに記念品として贈ることにしている。避難所にも配っているはずだ。そして歌声は電波でも大船渡の空に流れている。4月4日、市役所にコミュニティーFMラジオ局ができた。被災した市民にきめ細かい情報を伝えるためだ。2時間さまざまな情報が放送され、次の1時間は「椿のうた」が流される。市観光物産協会の新沼信男事務局長は「みんな元気が出るような、いろんな形で聞いてもらえれば」と話す。300枚は観光物産センターで販売、売り上げは復興基金に入れるという。「花びらは 手をつないで 輪になって 支え合う……」。Yumiさんが書いた歌詞のように、私たちもささやかな「支え合う輪」に参加したいと思う。             (編集部・高橋)


戻る