椿の歳時記


椿が一斉に咲いてもう盛りを過ぎようとしている埼玉ですが、今年は皆さんの椿便りが聞かれていつまでも新鮮な美しい椿が眺められて喜んでおります。
地下 洋様の写真はまだ出会っていない花も多くて何度も見直しております。小夜の月、烏丸は初めて見ましたがぜひともこの目で見てみたい花です。イカリ絞と黒椿は埼玉でも見ましたが、鳥につつかれたあとのかわいそうな花姿で、こうしてあらためて美しい花が見られてうれしいです。
 
ABEさまの赤花と胡蝶詫助との瓶接ぎはもちろん初めて見ることになりますが、こうして苦労して育てた椿が成功して花をつける喜びは本人にしかわからない大きな喜びでしょうね。
私も昨年夏に庭の藪椿に接木したのが玉之浦と絞乙女のみが芽が伸びてきていて来春が楽しみです。
素敵な椿を見せていただきありがとうございました。
 
高野 末男(飯能支部

遅れていた椿も4月になりいっせいに花を見せてくれています。こちらhpにも椿便りが聞かれてうれしい限りです。
市 忠顕様のタイニ−プリンセスは初めて見せていただきますが、手塩にかけて実生から育てられてすばらしい花ですね。この色合いがまた素敵です。樹勢がつくとますますたくさんのきれいな花をつけることでしょう。来年が楽しみです。 
地下洋様の3枚の写真、まだ撮ったことのない花でじっくり眺めております。
マリアさま、大山白、天津羽衣は名前は聞いておりますが近場では見つかりません。きれいな花を眺めておりますと心癒されてきます。
私も昨日、近くにある武蔵丘陵森林公園で椿を撮りにでかけました。
開花が遅れていた花まで一斉に咲き出していました。
今もなお被災地では大変な思い出過ごされている方が多いのですが、いつかはきっとこのHPで椿フアンにお方が眺められる日が来るの信じて投稿しました。


高野 末男(飯能市)
 


チャドクガは恐れていません

私はチャドクガ(茶毒蛾)をあまり恐れていません。
チャドクガは、小さい間は固まって行動しますので、
駆除が楽です。市販の家庭用殺虫剤(ハエ・カ用)で十分です。
固まっているところに、一掛けするだけで、イチコロです。
一斉に糸を垂らして降りてきます。(これで一件落着です)
但し、近くから噴霧しますと、冷害が起こる(特に新芽)場合がありますので、
30糎は離して、噴霧して下さい。

毛虫の毛には痒みをを起こす成分が含まれているので、手では触らない様にして下さい。死骸の毛にも同様の作用があります。確かに痒いですが、イラムシに比べれば、たいしたことはありません。医者に行く程のことはありません。
市販の家庭用かゆみ止め(抗ヒスタミン軟膏)を塗るだけで十分です。

我が家の庭は、木が多いので、夏は蚊が多く、しょっちゅう、虫に刺されて
いますので、慣れっ子です。
チャドクガはそんなに騒ぐ程のものではありません。しかし、イラムシ(刺蛾の幼虫)はきついですね。ピリッと来ます。イラムシの棘は蓚酸(の結晶?)そのもので出来ているそうです。柿の木に良く着きますが、ツバキにも着くので、要注意です。
市 忠顕(京都市在住、本部会員)






2011年への期待

全国の椿フアンの皆さん 明けましておめでとうございます。
今年は豪雪の中での新年もあったようですが皆さんの所はいかがだったでしょうか?
私たち椿フアンにとっていよいよ素晴らしい椿姫に囲まれるシ−ズンがやって参りました。
これから5月ごろに向けて夢が大きく広がっていきます。
ただ今、私の住む埼玉の飯能市周辺では紅乙女、初雁、乙女椿が散歩道でも
眺められます。
皆さんの所ではどんな品種が咲いているのでしょうか?
2011年の椿シ−ズンのスタ−トで大きな夢があります。
HPで各地の椿情報が聞かれたらどんなに楽しいことでしょう!!!

ずいぶん前に訪ねた那覇ですが今頃どんな椿が咲いているのでしょうか?
20代で勤務していたことがある鹿児島の下甑町では盆栽が盛んなようですが様子が知りたいです。

生まれ故郷の宮崎は青島に大きな椿園があるようですが一度も訪ねていません。 是非とも
開花時の写真が見たいです。

久留米で見つかった「正義」のニュ−スには感動しました。 今年も満開時の様子が見たいです。
長崎の五島支部の皆さんからは、私が椿に魅せられたきっかけとなった玉之浦のニュ−スが
聞かれたら嬉しいです。

北陸地方にも椿の銘木が多いですね。
昔、輪島に単身赴任していましたが、そのころ椿の魅力を未だ知らなかったのが悔やまれます。

東北地方ではヤブツバキの群生地がありますがいずれも悲恋物語に繋がっているようで

いつか詳しい話が聞きたいものです。

こうして私の夢は広がるばかりです。
なかなか訪ねることはできませんが、せめてツバキ協会のHPのなかでも夢がかなえたら−−−と
今年も大きな夢を抱いております。
各支部の皆さん、是非みなさんの周囲で咲いている椿情報を協会のHPで紹介してください。
今年は夢が叶うのでは−−−と期待して待っております。
どうぞよろしくお願いします。

高野 末男(飯能市)





              私の椿歳時記   小門 廣(2010714日)

 色々な栽培の書籍、諸先輩の薀蓄、と、自身の失敗・成功経験から、私なりの歳時記を記しました。地域によりかなり独自性があるように思います。交歓できると嬉しいのですが……。

6月の水遣りと葉芽・花芽の分化
56月は花芽の分化期です。早いものは既に分化を始めています。
この時期はやや乾燥気味に管理した方が花芽分化を促進するといわれています。7月になると花芽がしっかりしてくるので水遣りは普段に戻します。

花芽、葉芽の見分け方
椿の花は、おおよそ、今年伸びている新梢の先端につきます。7月になるとはっきり見分けられます。

 葉芽(先が尖っている)    






花芽(先が丸い) 








摘蕾

     7〜8月には花芽が段々膨らみ蕾らしくなつてきます。
    椿も他の花卉と同様、葉5枚に対して1花が適当とされています。
    (特に鉢栽培の場合 )・・・ただし多花性の種類は除きます。
    これから10月頃までが摘蕾の適期です。
    若干弱めの作業をしました。いずれ、1枝に1個の蕾にします。
 摘蕾前      摘蕾後 









薬剤散布
 8月はチャドクガの2回目の発生の時期です。815日を目途に散布しています。薬剤は市販の商品が多々ありますので園芸店に相談されると良いでしょう。
薬剤散布の手順 
必要な用具          
 薬剤は今回は、スミチオン乳剤(虫用)トップジンM(菌用)に展着剤を使用、ポリバケツ容量8g 電動噴霧器3g他にゴム手袋、マスク、帽子

                                               
7gの薬剤(調剤は各薬剤の用法通り)混合しても害はありません
                               

ボリバケツから噴霧器へ薬剤注入、これを椿に全面に散布


枝すかし(軽めの剪定)
7〜8月は雨と高温により椿の枝が密になりますので枝すかし(軽めの整枝・剪定)を行います。

                                                            



                                                         


              






チャドクガなんて怖くない

              2010年8月2日  伊藤哲郎

 ツバキを嫌う人の第一の理由は、チャドクガによる被害であり、首が落ちるなどの迷信によるものは多くはありません。チャドクガにやられ、それ以来ツバキが嫌いになってしまう人が多いといいます。

 植木職人は一年中被害に遭う機会があり、庭園木としてツバキ、サザンカを扱いたくないという人が増えているそうで、まったくもって困ったものです。また公園などでもチャドクガの被害に遭った人から市町村の公園課への投書で、ツバキ、サザンカを撤去する例すらあるそうです。

 チャドクガは毎年発生しますが、前年や当年の気象条件にも大きく左右されるようで、大発生の時は新聞の社会面にまで取り上げられてしまいます。

 茶毒蛾という名前のとおり、お茶の木にも付くのですが、夜は真っ暗になる山の茶畑では発生しないそうです。かえって都会地では夜の街灯が誘蛾灯になって、チャドクガの成虫を呼び寄せている傾向があるようで、今や都会型の害虫ではないかという説があります。

 私もツバキを始めたころ、不注意で2度チャドクガにやられました。庭で不用意にチャドクガに触れてしまい、腹部などの皮膚の弱い部分に蕁麻疹のようなものができて、痒くてたまらないのです。皮膚科に行きましたら、ミノファーゲンの注射をしたうえ、抗ヒスタミン剤の軟膏をくれました。5日ぐらいかかって、やっと直ったという経験があります。

しかし、観察と適期の殺虫剤散布で、チャドクガの発生、被害を防止することが可能です。

ぜひ皆さんもチャドクガの発生を防止して、あでやかなツバキの花を楽しもうではありませんか。

 

☆被害

 1.チャドクガの食害を放置しておくと、樹1本が丸坊主になってしまい、枯れてしまう

   ことすらあります。

 2.チャドクガや抜け殻に触れると激しいかゆみを伴う皮膚炎を起こします。幼虫には

   100万本もの毒針があるそうです。

 

☆発生時期

 ツバキ、サザンカ、茶の葉の裏にクリーム色の小指の爪の大きさの卵塊で越冬しています。関東では4月から10月の間に2度発生します。発生前は卵塊の状態です。俗に5月の連休と8月の終戦記念日に殺虫剤を散布すればよいとされるのは、卵から幼虫が孵化する時期を指しています。

 

☆駆除の方法

1.庭を見回って、葉の裏に卵塊を見つけたら、切り取って捨てます。

2.毛虫を見つけたら、新聞紙に灯油を沁ませて点火し、葉の裏から焼き殺す。但し注意

  しないと、ツバキ、サザンカの木全体に火が延焼してしまう恐れもあります。

3.毛虫はどんな薬剤にも弱くて、薬がかかればすぐに死滅します。しかし死骸や抜け殻

  に触れないように十分気を付ける必要があり、もし触れると毒針が残っていて、被害

  に遭います。

 

予防をかねて、定期的に殺虫剤をツバキ、サザンカの葉裏から全面散布するのが有効です。殺虫剤は、スミチオン、マラソン、オルトランなどなんでも良いので、説明書きにある通り希釈して、葉裏から全面散布します。時期は5月の連休のころとその1,2週間後、また8月の終戦記念日とその2週間後の4回散布すれば万全でしょう。薬剤では食害性と持続性のあるディプレテックス乳剤やカルホス乳剤(劇薬指定で、大きな園芸店へ印鑑持参で求める)の使用が勧められます。木が少ない場合はフマキラーのようなスプレーでも十分です。

住宅地では、散布は風のない、朝か夕方に行ないます。近隣が窓を開けていたり、洗濯物を干している時間帯に散布するのは控えましょう。マスク、手袋をして、散布後にはうがい、手洗いを励行しましょう。

 ツバキ、サザンカの病虫害は世界的に共通なものが多いのですが、チャドクガについては外国ではまだ文献に報告されていないので、まだ発生していないと判断されます。ツバキ、サザンカは日本を中心とした東アジア原産の樹木であり、欧米には自生していなかったからです。

 チャドクガの被害にあった植木職人でも、そのうち免疫ができたという経験が報告されていますし、またチャドクガの天敵のハチ類もいるそうです。できることなら、薬剤を散布しないで、庭をよく見回り、卵の状態のころに征伐できればベストなのですが、通常はなかなかその時間が取れない人も多いでしょう。やはり最小限殺虫剤の散布が必要と考えます。                     



【ホームページ委員会から】
 「私の椿歳時記」のページをつくりました。皆さんの投稿をお待ちしております。椿の栽培は年間を通していろいろな作業があります。良い花を咲かせるには季節々々のきめ細かい手入れが大切です。
 しかし、南北に長く、海辺から山あいの地まで多様性に富んだ日本では、気候風土や土壌によって、その育て方も幅があります。その土地で先祖、先輩が経験を重ねて培ってきた工夫もあります。指導書が教える標準的な栽培法とは違っていても、そこに貴重な知恵があるかも知れません。
 最近、あるベテラン会員が「自分の経験をぜひ次の世代に伝えたい」と語っていたと聞きました。そうした経験や知恵をぜひ仲間に伝えて下さい。また、「ここはどうすればいいのか」など、疑問や質問も寄せてください。会員、いやツバキ愛好家の交流、意見交換の場としてこのページを活用してほしいのです。
 独自の栽培法を多々工夫してきた小門廣理事が誘い水(?)として一番打者に名乗りをあげてくださいました。いただいてから3週間ほど経ってしまいました。掲載の遅れをお詫びします。
 投稿はトップページの「ホームページのアドレス」でお送り下さい。




戻る