2011年
このページは日本ツバキ協会本部からの会員の皆様への各種のお知らせを掲載します.

20111224日更新

ツバキ協会本部事務所は12月27日から1月4日までお休みさせていただきます


■会員総会・会員懇談会

日本ツバキ協会2012年度会員総会・会員懇談会を、全国椿サミット萩大会に合わせて開催します。法人設立後第1回の集まりです。ぜひご参加下さい。

◆総会 日 時 2月24日(金)13:00〜13:50

場 所 萩市市民文化会館ホール

報告事項 1.2012年度事業計画 2.2012年度予算  3.その他

◆懇談会 2月24日(金)午後8:30〜9:30

 

 ■会誌・会報の発行

  2012年は1月20日(金)に会誌50号、5月18日(金)と9月20日(木)に会報97号、98号を発行します。

 

■宮城奥松島つばきの会支部が解散

東日本大震災で菊地長一郎会長が津波で死亡したほか多くの会員が自宅や店舗を失い、活動を継続するのが困難になり、201111月に開いた総会で解散を決めた、と報告がありました。将来の復活を期待します。

 

■大船渡義援金さらに87,500円

  大船渡市への被災義援金は6月30日に締め切ったあとも、さらに87,500円が寄せられ、12月22日に大船渡市に送金しました。総額は2,817,000円になりました。ご協力に感謝します。



20111015日更新

全国椿サミットは2013年沖縄、2014年松山市で

 全国椿サミット協議会からこのほど日本ツバキ協会に連絡があり、2013年の椿サミットは沖縄県の国頭村・大宜味村・本部町の3町村が共同で開催することが正式決定され、2014年は愛媛県松山市が開催することが内定しました。また、秋田県男鹿市、愛媛県松山市、長崎県新上五島町の同協議会加入が承認されました。

大船渡での椿サミットが大震災のため中止となり、協議会の総会も開催できなくなったため、書面議決で承認を求めることになり、これまでに大多数の加入団体から承認書が提出されて決定の運びとなりました。

 

五島市が2020年国際ツバキ大会(コングレス)の開催立候補へ

 

長崎県五島市の中尾郁子市長はこのほど箱田直紀・日本ツバキ協会会長に「2020年国際ツバキ大会」の誘致について(お願い)」と題する文書を送り、国際ツバキ協会(ICS)のコングレス開催立候補の意向を正式に表明しました。

 



2011年9月23

     秋の見学会で椿油のてんぷら試食会

恒例の秋の見学会を新基軸で計画しました。横浜・こどもの国の椿の森のサザンカ鑑賞と椿油のてんぷらを組み合わせました。ぜひ奮ってご参加下さい。

つばき油の天ぷらを食べたことがありますか? 椿は花の美しさだけでなく、その多様な用途、効用で日本人の生活に利用されてきました。今、資生堂の「ツバキ」ブランド化粧品の成功もあって、椿油の美容・健康面の優れた効果が一般に知られるようになってきましたが、椿の多様な利用法は意外に知られていません。中でも椿油は古く平安時代には西日本の広い範囲で税として朝廷に納められていた記録が残っております。当時は貴族や寺社の燈明に使われたようですが、鎌倉時代には精進料理の揚げ油として使われるようになり、江戸時代には高級料理店で天ぷら油として珍重されました。徳川家康は椿油のてんぷらが大の好物だったと伝えられています。

 からっと揚がったてんぷらは口当たりが良く、胃にもたれず、絶品とされていますが、油が高価なため、てんぷら料理店でも普通のメニューにはなく、“幻の料理”とさえいわれています。

 今、各地で椿油振興の動きが出ている機会を捉えて、食用としての椿油に光を当てることはツバキの普及・発展に大きく貢献すると考え、このイベントを企画しました。日本の食文化を世界文化遺産に登録しようという動きのあるいま、時宜を得た企画であると確信します。

 日本ツバキ協会は法人化に伴う事業展開の重要項目として、椿油振興連絡協議会の結成も視野に入れており、この企画をその第一歩としてぜひとも成功させたいと願っています。

     (文責:理事・高橋 潤)

 

【実施要綱】

開催日時:2011年11月19日(土)

■開催場所:横浜・こどもの国(横浜市青葉区奈良町700

JR横浜線/東急田園都市線の長津田駅乗換えこどもの国線7分終点こどもの国駅下車

■主催:こどもの国・日本ツバキ協会  ■協力:大島椿梶E五島市・蒲島椿

■内容・タイムテーブル

11:00  参加者集合 椿の森入り口(児童センター前)

*会員は10:30こどもの国正面入り口集合。ツバキ協会の旗を目印に。

30名以上になれば団体で入園します。個人600円の入園料が480円になります。

小銭をご用意下さい。

11:00〜11:15 つばき油の物語 牧野洋二氏(ツバキ協会会員・利島椿研究会)

11:15〜11:30  つばき油で肌と髪の毛を美しく

(大島椿株式会社広報室マネージャー・木全典子氏)

11:30〜12:00(2グループに分かれて)

   ・つばきの実を拾おう(椿の森) 案内=小門 廣・ツバキ協会副会長

   ・椿の森見学(サザンカ鑑賞)  案内=箱田直紀・ツバキ協会会長

12:00〜13:15    つばき油のてんぷら(児童センター前広場)

てんぷら材料は、あしたば・しいたけ・さつまいもなどを予定。

*つばき油は長崎県五島市が2升(3.6リットル)、蒲島椿が1升

(1.8リットル)提供して下さることになりました。

    *こどもの国・みどりのボランティアがてんぷら揚げを担当して下さいます。

13:15〜13:45    つばき油絞り実演 (児童センター前広場)

*大島椿鰍ェ八王子の工場から搾油機を運び、担当者を派遣して実施して下さいます。

また、同社の商品サンプルがおみやげに提供される予定です。

■参加者募集

*ツバキ協会会員および家族・友人  60人 (ほかにこどもの国一般募集 80人) 

*参加料 1人300円(入園料・駐車料別)

■参加申し込み:会員はメールまたは電話でツバキ協会へ。9月26日(月)朝10時から受け付けます。代表者氏名と参加人数、電話番号をお知らせ下さい。定員になり次第締め切ります。

 

◎昼食用にお弁当やおにぎり、てんぷら以外のお好みのおかずをご持参下さい。

◎雨天の場合も実施します。てんぷらや油搾り実演は屋根下で。

 

 




2011年9月15

会報96号は22日発送します

いろんなお知らせが遅れてしまいました。すみません。

○会報「ジャパンカメリア」96号はようやく編集作業を終わり、22日に発送する予定です。内容は、6月の総会や法人化の手続きが終わったことの報告、来年2月24日〜25日の全国椿サミット萩大会の案内、2月5日〜9日の中国・楚雄国際ツバキ大会の紹介、そして1119日(土)の秋のサザンカ見学会のお誘いなどです。この見学会は参加申し込みが殺到しそうな予感がしています。できるだけ公平を期すため、内容のホームページ掲載は25日にします。26日から受け付けます。

○例年11月に発行していた会誌「椿」の50号は来年1月20日に発行します。そして、2月の会報はお休みし、5月と9月に発行することになりそうです。この変更は、大船渡で3月に予定していた総会が大震災で流れたため、6月に東京で総会を開いたこと、7月に法人化したこと、財政状態への配慮などのためです。

年内の公式行事は以上です。来年度は年間の行事計画や会誌・会報の発行予定をきちんと年度当初に決められるよう、17日の理事会で議論します。



■7月22日更新

今年は夏期講習会はありません

本日7月22日、「明日23日、講習会がありますね?」と問い合わせの電話が2件ありました。今年は夏の講習会はありません。

会報「ジャパンカメリア」94号(5月)の「季節の便り」には行事予定として 〈夏期講習会 7月23日(土) 都立神代植物公園〉とありましたが、95号の「季節の便り」に ★夏の講習会は見送り 6月11日に東京で総会・懇談会をひらくことになったため、夏期講習会は見送ることになりました。とお知らせしてあります。

 

◇今後はホームページに月ごとの行事予定を掲載して情報がよりわかりやすくなるようにします。



■7月14日更新

法人化の登記が終わりました

日本ツバキ協会の法人化が6月11日の総会で承認されたのを受けて、箱田会長と担当の高橋が7月1日(金)午後、東京法務局に行き、一般社団法人設立の登記申請書類を提出しました。審査も無事終わって登記され、14日には登記簿謄本を取ることができました。長年の懸案だった法人化が実現し、書類提出の7月1日付で「一般社団法人日本ツバキ協会」が正式に発足しました。

23日(土)には新法人としての設立社員総会・設立理事会を開き、今後の組織づくり、規程整備、活動方針などを討議します。

つばき展など各支部のイベントで行政機関に後援を申請する場合など、登記簿謄本の提出が役立つようでしたら、ご連絡下さい。お送りします。           (文責・広報担当 高橋)

 

大船渡義援金の報告

全国の会員に協力を呼びかけた大船渡市への義援金は、4月25日に第1回分として213万2500円を送金したことはすでにご報告しました。その後も義援金の振り込みが続き、6月30日に締め切り、追加で597,000円を送金しました。計2,729,500円にのぼり、会員の熱い心が数字で証明されました。「為せば成る」といいますが、この組織の力に自信を持っていいのではないかと感じます。

 

ホームページに掲示板

ホームページの改善を進めています。6月26日に「掲示板」をつくりました。早速会員の投稿が届き、掲載されています。皆さんの庭で、近くの椿園で咲いた花の写真や、品種、栽培法についての質問など何でも結構です。テーマを決めて投稿を呼びかける企画も考えています。

 



■2011年6月22日更新

2012年萩サミット日程決まる

 このほど、山口県萩市から連絡があり、来年の

全国椿サミット萩大会の日程が次のように決まりました。サミットの萩開催は3回目です。
○2月24日(金)・全国椿サミット協議会総会・日本ツバキ協会総会
  ・オープニングセレモニー ・基調講演等 ・歓迎会
  
○2月25日(土)・椿群生林視察 ・市内視察(松陰神社・東光寺・城下町)
  ・昼食後解散、各ツアーヘ
 
詳しいプログラムやツアーの内容が決まりましたら、随時お知らせします。

■6月17日更新
法人化、事業・予算が承認されました
6月11日の総会
 
日本ツバキ協会の2011年度総会は6月11日(土)午後、東京都千代田区のアルカデア市ヶ谷で開かれ、法人化の定款(会報ジャパンカメリア95号掲載)と2010年度の事業報告・決算および今年度の事業計画・予算が原案通り承認されました。
沖縄、香川、富山、兵庫、栃木、伊豆大島などの会員も含め53人が参加、休憩を含めると3時間半にわたって熱心な議論がおこなわれ、充実した総会になりました。
大船渡の震災支援のため「椿のうた」のCD販売による義援金募金をしているアカペラ・カルテット「しゅしゅ」が「椿のうた」など4曲を歌って盛んな拍手を浴び、出席者の皆さんには43枚のCDを買い求めていただきました。また、会報やホームページで見た会員の方の注文でほかに11枚売れました。ご協力に感謝します。               (文責・広報担当 高橋)
 
■2010年度事業報告(ここをクリック)
■2010年度決算報告(ここをクリック
■201年度事業計画(ここをクリック)
■201年度予算  (ここをクリック)
 
箱田会長の「挨拶」と「法人化経過報告」
【挨 拶】
本日は、朝から足元が悪い中、沖縄や四国をはじめとする全国各地から多数の方々がご参集くださいましてありがとうございます。
開会にあたり、さきほど黙祷・黙礼をささげさせていただきましたが、改めて「東日本大震災」の被災者ならびに被災を受けられた地域の方々にお見舞い申し上げます。
また、被災地支援のための義援金のお願いに関しましては、多くの会員の方々から多額のご援助をいただき、まことにありがとうございます。この場をおかりして御礼申し上げるとともに、大船渡市をはじめ被災地の少しでも早い復興を皆様とともにお祈りします。
 
既に皆様もご存知のとおり、本年3月19日から予定されていた「三陸・大船渡ツバキサミット」の際に開く予定だった2010年度総会が「サミット」の中止のため開催でませんでした。しかし、年1回の総会は開かねばならず、また、本年は永年の懸案事項であります「日本ツバキ協会」の「一般社団法人化」をいよいよスタートさせる年でもありますので、時期的には中途半端になりましたが、本日ここに総会を開かせていただきました。
 
われわれを取り巻く日本の経済情勢やその中での園芸界の動きは誠に厳しい状況にあるということはかなり以前からいわれてきましたが、そこに今回の「大震災」が追い討ちをかけることになったことは間違いのないことだと思います。しかし、別の見方をすれば、このような時期であるからこそ、私たちが目的としてきた花を楽しめる世界をもっと広げ、それぞれの人が将来に夢をもって進んでいくための環境づくり、あるいはそのきっかけにしてもらう努力が必要なのだろうと思います。
日本ツバキ協会はこの厳しい時期に焦点をあわせて法人化の準備を進めてきたわけではありませんが、逆に考えると、今われわれが行動を起こし、ツバキを通じて花の世界を楽しみ、その輪を広げていける可能性が、以前に増して出てきたような気がいたします。
法人化設立に至るまでの経過については後ほど報告しますし、それを今後どのように進めていくかについては、総会後の懇談会で皆様とお話し会いできる時間をとってありますので、皆様とともにさらに一歩進めた、新しい日本ツバキ協会へ向けて語り合いましょう。
 
最後になりましたが、本日は日本を代表するアカペラ・カルテットXUXUの皆さんに会場にきていただいており、総会終了後、懇親会との間に数曲の歌を披露していただきます。このXUXUの皆さんは3月に中止となりました「三陸・大船渡ツバキサミット」の会場でツバキの歌を披露かたがた参加の皆さんを歓迎する予定でした。しかし、「サミット」が中止になったため皆さんにお会いする機会も失いました。そのためサミットのために作成したツバキの歌のCDを大船渡市に提供し、また、その一部を販売してその収入のすべてを義援金として大船渡市に渡したいとして活動しています。
私たち役員会はこの活動に協力しようと決め、すでに「ジャパンカメリア」やツバキ協会のホームページで紹介しています。
かた苦しい議事が終わったら、この場で数曲歌ってくれますので、中止になりました「三陸・大船渡市のサミット」を頭に描きながらご拝聴ください。また、今日も会場の外で「椿のうた」の入ったCDを販売しておりますので、支援と思ってご購入ください。うまく頼めばサインがもらえるかも知れません。
 
【法人化への取り組みの経過報告】
日本ツバキ協会を社会的に認知された「法人」にしようとする取り組みは、2009年3月の富山県南砺市における本協会総会ならびに昨年3月の久留米市における総会で承認されております。また、定款については5月19日に最終的に公証人の認証も受けておりますので、日本ツバキ協会としてはいつ登記するかという段階です。しかし、私たちは、登記のための最終段階で改めて総会に報告した上で手続きに移ろうと考えました。
従って、ここでは法人化へ向けて取り組んできた経過を中心に報告し、本日総会終了後の懇親会の中で皆さんのご意見を改めて伺いながら実のある法人に仕上げてゆきたいと考えております。
 
日本ツバキ協会を法人化しようという動きは、1991年(今からちょうど20年前)に会長に就任された初代安達瞳子さんの提案に始まります。
はじめは、ツバキを花の苗木生産や油、茶、林木など日本の農林業の材料という観点から、農林水産省所管の公益法人をめざしました。しかし、関係先との折衝や調査・研究の結果、趣味の会からスタートした日本ツバキ協会としては、むしろツバキを日本の文化としてとらえる文部省所管の法人化に切り替えようと考え、そのときには2000年の法人化達成をめざしてスタートしました。
しかし、当時は公益法人の中の社団法人の設立に当たっては、基本財産として3,000万円の基金を準備することが条件となっており、これが日本ツバキ協会としては最大の課題でした。
その後、協会創立40周年記念へむけての個人の寄付や故人の意思をうけての寄付が続き、とくに本会の理事としてばかりでなく、国際ツバキ協会の『The International Camellia Register』完成のために活躍された故篠田信冶さんから1998年に、法人化の基金として2,000万円のご寄付をいただきました。1999年には会誌38号で当時の太田克典副会長の寄付呼びかけもあり、日本ツバキ協会としては、さらにもう少しの努力により基金の準備が可能な状態に至りました。
ところが、この頃から、法人、特に公益法人に対する国の位置づけが変わり始め、2008年12月1日の「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」等三法の施行ということになりました。日本ツバキ協会が法人化するためには、直接の公益法人化は難しく、はじめは、一般社団法人からスタートして、そこで実績を積みあげることにより公益法人をめざさなければならないという状況に立ち至りました。
つまり、2000年代のはじめは、協会としては国が今後法人をどのように位置づけるかの様子待ち期間であったわけでしたが、その間に法改定により、設立に当たって3,000万円の基本金が必要であるという条件はなくなりました。
法人化へむけての取り組みが再スタートしたのは約4年前からで、桐野秋豊氏が会長に就任したころから具体的に定款の試案作成や法人化へ向けての議論が再開されました。そして、2008年3月の奈良市サミットにおける総会で基本方針が提案され、2009年3月の富山県南砺市での総会で法人化の実行が承認され、さらに、昨年3月久留米市の総会での再確認という経過できました。
また、昨年の総会では手続き的には早期の法人化が可能であるが、法人化へ向けての協会内部の経理や事務体制をまず確立したいので1年を目途に準備期間をとりたいということで承認を得ております。そこで、お約束した一年が経過し、経理を含めた事務体制が法人化に対応できる段階にいたったと役員会で判断したため、法人化へ向けての手続きを開始したいと思います。
なお、本総会で最終的なご了解がいただければ、法務省に対しての登記手続きは7月1日付とし、名称は「一般社団法人 日本ツバキ協会」で進めたいと考えております。
 







■6月11日に総会/7月に法人化      
  
             
                               (2011年5月8日更新)

★日本ツバキ協会総会

 6月に総会を開くことになりました。3月に予定していた第21回全国椿サミット三陸・大船渡大会は、3月11日に発生した東日本大震災で大船渡市が被災したため中止され、併せて開催予定だった当協会通常総会もやむなく中止しました。しかし、会則で決められている通り、総会は開かなければなりません。特に、懸案だった法人化の実現という重要案件もありますので、皆様の理解を深め、今後の活動に向けて会員が議論する場が不可欠です。多数ご出席くださるようお願いいたします。ご出席の方はその旨、メール、電話、ファックスで事務所にご連絡いただければ幸いです。また、「椿の歌が響く」に紹介している女性四重唱グループXUXU(しゅしゅ)が幻に終わった大船渡サミットのテーマソング「椿のうた」を紹介し、CD購入による大船渡支援を呼びかけます。

 ■日 時:6月11日(土)午後1時〜4時半

 ■場 所:東京都千代田区九段北 4−2−25

アルカディア市ヶ谷(私学会館)

4階会議室「鳳凰」    

  JR中央線・東京メトロ有楽町線・都営地下鉄

新宿線の市ヶ谷駅下車徒歩3分。

  電話:03−3261−9921(代)

■内 容:午後1時〜2時30分  総会

  ・2010年度事業報告/決算報告

  ・2011年度事業計画/当初予算

  ・一般社団法人設立までの経過報告

*午後2時45分〜4時半 会員懇談会

公証人の承認を得た法人化の定款←(ここをクリック)を掲載しました。ぜひご一読のうえご参加ください。

一般社団法人化のための定款は、一昨年末にまとまった原案を1年以上かけて理事会で議論・修正し、今年4月、東京・麹町公証役場で承認を得ました。5月中旬には認証を受け、7月1日発足で登記する予定です。

  「社団法人」は人間の集まりを基本にした団体ということです。基本財産などの資産を基礎にして事業をおこなう「財団法人」との違いです。財団法人は現在、10億円以上の基本財産がないと認められないといわれています。社団法人は「人」が基盤です。法律上、団体を構成する人間を「社員」といいます。会長を選ぶのも、重要事項を決めるのも「社員総会」です。しかし、その開催には「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」などの法律でいろいろ条件が定められており、全国約1,500人の会員をそのまま社員にすれば、事実上その開催が不可能になります。そこで、協会の基本の構成員は会員であるとしたうえで、会員の中から社員を選ぶという「二階建ての構造」にせざるを得ません。全国的な組織の社団法人は大部分この形を取っています。

定款に会員総会という言葉はありません。無論、椿サミットの機会に会員総会を開いて会の運営状況を説明・報告するという形を別の規程で決める予定です。

法人化協会の当初の社員、役員は現在のメンバーで発足します。今後、民主的な全国組織として、会員の意見をどう反映させて運営していくかが大きな課題です。

設立発起人に当たる「設立時社員」が4人なのは、印鑑証明付きで押印書類をつくる手間を最小限にするためというだけの理由です。

支部に関する規定をどう見直すか。椿愛好家を増やす魅力的な事業をどう展開するか。広報・PRをどうレベルアップすべきか。そして、経理・会計もこれまでのような大福帳ではなくきちんと処理する体制を整える必要があります。そうした全体的な組織強化が法人化の意味、メリットを生み出します。

総会ではどんどん質問してください。意見を述べて下さい。そのためにはまず定款をじっくり読んでください。従来の会則と読み比べて考えて下さい。お手元に会則がない方は、連絡をいただけばお送りします。総会の前でも、メールやファックス、質問や意見をお寄せいただけば、可能な範囲でお答えします。

総会の後の懇談会でもお話できるのを楽しみにしております。

(法人化定款担当・高橋 潤)








■2011年4月1日更新

3月31日理事会が開かれ、東日本大震災のその後の状況や影響などが報告され、今後の方針がいくつか決定されました。会員の皆様にお知らせします。

(文責・高橋)

【支部の悲しい知らせ】

震災の被災地に連絡が取れず支部メンバーの安否の心配がつのり、ネットで情報を探しているうち、3月24日に、宮城県警23日発表の死亡者名簿に「菊地長一郎さん」の名前をみつけました。宮城奥松島支部長の菊地さんに住所も一致します。28日に同支部の相沢優さん(仙台市泉区)にようやく電話がつながり、現地の方々の消息が知りたいと依頼しました。29日夜相沢さんから届いたのは、菊地さんが津波にのまれて亡くなられたという知らせでした。また、大船渡支部の井野マキ子さんも亡くなられたそうです。お二人のご冥福を心からお祈り申し上げます。

奥松島支部のほかの方々11名と仙台市秋保工芸の里支部の10名全員は無事が確認されましたが、大船渡支部とは連絡が取れず、相沢さんがネット検索で調べてくださったところでは、無事が確認できたのが10名で、13名の安否がいまだにわかりません。無事でいてほしい、と祈るばかりです。

【大船渡の状況】

3月24日、大船市役所の農林課長から、事務所に「サミット中止の連絡が遅れて申し訳なかった」と電話が入りました。長く話す余裕もなかったようです。28日になって、市役所農林課のサミット担当、村上淳さんの携帯電話を鳴らしてみたら、つながりました。箱田会長がお見舞いの言葉を述べたあと、現地の様子を少し聞くことができました。市役所も大きな被害を受け、別の場所で業務をしているそうです。固定電話もメールもつながらない、という話でした。

ただ、椿の大温室「碁石」は無事で、「三面椿」もすぐそばまで津波が押し寄せたが被害を免れたということでした。不幸中の幸いといっていいでしょうか。大船渡が「椿の里」としてよみがえり、いつかサミットを開催できる日が来ることを期待します。

【義援金】

3月14日付けの文書で皆さんに呼びかけた義援金は、31日現在で約120万円集まっております。ありがとうございます。理事会で協議した結果、サミットを準備してくださった大船市に贈るのが最も適当だという結論になりました。4月中旬にとりまとめ、市役所に連絡を取ってお渡しする方法を考えます。そこで締め切りということではなく、様子を見ながら継続も考えることにします。支部の方々には大変なご苦労をお掛けしました。感謝申し上げます。

また、国際ツバキ協会のパトリシア・ショート会長ご夫妻から、日本ツバキ協会を通じて日本赤十字に10万円の義援金を贈ると連絡が入りました。ありがたいことです。

【6月11日に東京で日本ツバキ協会総会を開きます】

椿サミットが中止になり、予定していた総会も開催できませんでした。会員の方からも「総会はどうなる?」と問い合わせがありました。理事会で協議した結果、6月11日(土)に東京で開催することを決めました。時間・場所は決定次第お知らせします。法人化など重要な議題がありますので、多数の方の出席を期待します。

【雪椿を訪ねる旅は中止】

4月15日〜16日に計画していた新潟県加茂市への「雪椿を訪ねる旅」は中止になりました。東日本大震災の影響で加茂市でも被災者の避難受け入れなどに追われ、「雪椿まつり」の中止を決めました。道路事情その他も不安要素がないとはいえず、参加申し込みが少ない事情もあって、中止のやむなきに至りました。事業担当が来年に向けて再度計画を練ります。

トップ・ページへ戻る