会報・会誌よりも先にお知らせすることもありますので、会員各位はブックマークをお願いします.また、このホームページの各ページの最終更新日はページごとに入力しておりますので、ご承知おきください。このページは最新の情報のみを掲載しておりますので、過去の記事をごらんになる方はここをクリックして下さい。




会員の皆様へ                 

   「秋の観賞会、筑波大学さざんか見学会」    

               只今参加者募集中!   

「秋の観賞会 筑波大学さざんか・つばき見学会ご案内     

今年は、初めて茨城県地方の観賞会です。          

今回は筑波大学の「さざんかとつばき」の見学を次のとおり企画いたしました。紅葉も見られます。会員皆様多数の参加をお待ちしています。                          

1)    実施月日 29年11月25日(土)           

2)    集合時間 11月25日(土)午前10時30分      

集合場所 筑波大学本部棟前(付近に駐車場有)      

3)      見学先    筑波大学内さざんか観賞(つばき・さざんか通り有) 

4)      参加募集   40名の予定                 

5)    申込み    11月15日(水)までに電話かFAXで協会事務所へ申 

       し込んでください。                                

6)    交通機関  ・つくばエクスプレス終点つくばセンターから筑波大学循       

          環バス乗り場で乗車、大学中央駅下車3分        

          (秋葉原からつくば終点まで快速で45分)     

         ・東京駅八重洲南口発高速バス乗車、筑波大学本部棟前終

          点下車徒歩3分(東京駅から終点大学本部棟前迄75分)

7)      その他   ・昼食は大学内の学生食堂を使用します。      

      ・当日は構内を歩きますので、歩き易い靴でおいで下さい。

      ・筑波大学見学後、徒歩10分程度で国立科学博物館筑波

       実験植物園(入園料必要)も見学可能です。     

                             






つばき大好き参加者募集中!             

       会員交流会のご案内     

 

今年5月発行の会報107号の季節の便りでご案内いたしました標記の交流会参加者を現在募集中です。             

申し込みは7月19日までに、本部事務所(03-5805-5222)へ電話・フアックスで申し込んで下さい。        

ツバキの手入れ後の暑い夏が始まるひとときを涼しい場所で講演とお話を聞いて、お菓子とお茶を味わい参加者同志の交流を楽しみましょう。詳細は次のとおりです      

・日 時 7月22日(土)午後1時 から4時20分

場 所 アルカデア市ヶ谷6階霧島の間(JR市ヶ谷駅徒歩3分)

     電話 03-3261-9921(代表)  

会 費 一人 1,500円 (コーヒーにお菓子付き)   

・予定参加者  50名

 

「講演会」   13時10分から14時00分                     

1、    演題 「国際優秀椿園 椿花ガーデンについて」   

講師  山下 隆氏 (椿花ガーデン代表)        

(国際優秀椿園に認定済みの都立大島高校関係者も参加)        

2、お話会「私の写真の撮り方について」             

14時00分~14時30分                      

    講師   理事高野 末男氏

            

  ・・・・ 30分休憩 お茶とお菓子で歓談 ・・・・・  

「会員交流会 」 15時00分から15時40分       

  「育種体験談」                      

   お話    私の育種体験談他         

        参加者との意見交換                    

「穂木・苗木の交換会」  15時40分~16時20分終了                 

  ・穂木の無償頒布  品種リストは当日配布         

  ・苗木の無償、有償頒布                 

 (お願い)穂木や苗木をご提供下さる方は本部事務所までご連絡ください。宜しくお願いたします。               

会員皆様のご参加をお待ちしています ‼  


 “速報”会員の皆様へ
 
   植樹祭への参加を御待ちしています!
  
  第6回岩手県大船渡復興支援「椿の植樹祭」開催御案内
 日本ツバキ協会東日本復興支援担当班は宮城県気仙沼大島に椿を植樹してから今年で6回目を迎えます。
 (株)資生堂と共に「椿の植樹」を行ってきて、今年で4回目となり次の通り開催致します。当日は大船渡市長初め(株)資生堂も出席され予定です。会員の皆様の御参加を頂きご支援ご協力下さる様御願いいたします。
  日 時: 5月26日(金)午前11時に開催し、終了は午後4時の予定
  場 所: 大船渡市内キャッセン大船渡(JR大船渡駅近く新しい商業施設) 玄関付近集合
 参加者: 参加される方は5月17日(水)までに東日本復興支援担当仲村清彦様へ
      ℡080-7723-8000へ連絡してください。
なお、当日は参加者には植樹の補助作業をお願いする事がありますので宜しくご協力御願いいたします。                 
 交通期間:東京から参加される方は、JRは東北新幹線で一関駅下車、大船渡線乗り換えで大船渡駅下車、高速バスは宮古行きで盛下車
      JR盛駅から大船渡線乗換次の駅大船渡下車
      その他深夜バス利用の場合は池袋発宮古行乗車で盛下車、JR大船渡線乗換大船渡下車  

                                 以上


「緑の季節 行楽のご案内」

  

■新茶摘みと試飲体験会
緑がまぶしい青空の下で埼玉・飯能市下畑の内野茶園(内野博司理事所有)で茶摘み・製茶と試飲を体験し、昼食の休憩時にはお茶葉の天ぷらも。
  日  時:5月20日(土)午前10時、西武線飯能駅南口改札前集合、午後3時解散。雨天の場合は中止。
  会  費:1,000円(新茶おみやげ付き)
 定  員:20名 申し込み5月16日までに本部事務所に。
※昼食は各自で持参。服装は軽装、歩きやすい履物でお出で下さい。 

  


「協会図書の頒布」                            

「最新日本ツバキ図鑑」の限定販売
 2010年春に(株)誠文堂新光社から発刊した「最新日本ツバキ図鑑」はまだ在庫があります。購入ご希望の方は本部事務所(電話03-5805-5222、ファックス03-5805-5226)お申し込みください。
会員価格 7,000円(送料:1冊450円) 5冊以上まとまると送料は無料となります。   
「古文書に見る日本のツバキ文化史」の販売             
 「ツバキ文化史は」日本ツバキ協会創立45周年の記念誌として1999年 に発刊されました。当時から「ツバキ文化史」の貴重な資料として、会員の皆様に広く愛読されて現在に至っております。             
まだ在庫がありますので、会員の皆様に次の通り限定で販売いたします。                           
会員価格1冊1,500円(送料込)、5冊以上は1冊1,000円で送料無料 
以上購入ご希望の会員の方は、協会本部事務所(電話・ファックス番号は上記のとおり)へお申し込みください。





参加者募集中」          
    秋の観賞会「伊豆大島3優秀椿園訪ねる旅」ご案内
今年の「秋の観賞会」は2月に開催された2016年度国際ツバキ協会大理大会で国際優秀つばき園に認定された伊豆大島3椿園を見学して、会員の皆様に大島椿に親しんでいただくため12日のバスツアーを企画しました。この機会に是非大島椿を堪能してはいかがですか。                       
そして大島の椿愛好家の皆様との交流も考えています。        
1、開催日  平成28年12月3日(土) 4()                  
、行 先    1、都立大島高校椿園、2椿花ガーデン、 3、大島公園椿園         
3、集合時間   12月3日()午前11:00                       
  集合場所   伊豆大島元町港  待合室                  
4、参加人員   30名の予定                
5、日程1日目 123日 11:30~12:30  昼食
         13:00~14:30  都立大島高校椿園見学     
         15:00~16:30  椿花ガーデン見学 その後宿泊先  
         宿泊先 大島温泉ホテル    
         18:00~19:30  交流会              
    2日目 124日 09:30ホテル発                   
         10:00~12:00 大島公園椿園見学
         12:30~13:30  昼食他       
6、解散時間   124日(日)}午後  14:00                
  場 所    伊豆大島元町港  待合室                 
7、会  費  1人 17,500円 (宿泊代、交流会代 、バス代含む)交通費別   
8、申込み締め切り 10月20日(木)                
9、詳細は協会事務所 (担当)鈴木理事まで、℡03-5805-5222                          

                                  

                                                            

                                



つばき大好き参加者募集中!             
       会員交流会のご案内     
今年6月発行の会報105号の季節の便りでご案内いたしました標記の交流会参加者を現在募集中です。             
申し込みは8月31日までに、本部事務所(03-5805-5222)へ電話・フアックスで申し込んで下さい。        
ツバキの手入れ後の暑い夏が終り、9月のひとときを涼しい場所で講演とお話を聞いて、お菓子とお茶を味わい楽しい椿談義で参加者同志の交流を楽しみましょう。詳細は次のとおりです      
・日 時 9月10日(土)午後1時 から4時20分
場 所 アルカデア市ヶ谷7階琴平の間(JR市ヶ谷駅徒歩3分)
     電話 03-3261-9921(代表)  
会 費 一人 1,000円 (お菓子とコーヒー付き)   
・予定参加者  50名
「講習会」   13時05分から13時50分                     
1、   演題 「御殿場市太郎冠者の移植について」   
講師  町田支部長仲村清彦氏         
2、お話   13時50分~14時30分             
題目 「椿の盆栽仕立てについて」                      
     講師   理事 山口勇氏
            
  ・・・・ 30分休憩 お茶とお菓子で歓談 ・・・・・  
「会員交流会 」 15時から15時30分       
  「育種体験談」                      
   お話    私の育種体験談他         
        参加者との意見交換                    
「穂木・苗木の交換会」  15時30分~16時20分終了                 
  ・穂木の無償頒布  品種リストは当日配布         
  ・苗木の無償、有償頒布               
会員皆様のご参加をお待ちしています ‼ 
                

   会報105号発行日の変更について   
 会員皆様の御支援と御協力により毎年指定発行日に会報を会員皆様にお届けけしておりますが、今年5月20日発送予定の会報105号については、編集担当者が体調不良になり急拠休養することに成りました。そのため編集作業が遅れ6月10日(金)に皆様に送付することになました。        
会員皆様には大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承下さる様お願い申上げます。       



平成28310日 学術担当理事 山口聰
優秀古木椿登録制度の発足
日本ツバキ協会はこのたび優秀古木椿の登録制度を設けました。全国のツバキ古木、名椿の台帳作り活動の一環です。
 椿は古来から長寿の代名詞にされています。日本の各地に地元の人に愛されている巨樹椿もあれば、まだひたすら奥深い山の中でそっと咲き続けている古木椿も多いかと思います。近年の都市開発や地球温暖化の影響で、樹勢の弱っている椿も多いかと思います。日本ツバキ協会はそのような巨樹・古木のツバキをこれからも大切に保護していこうと、将来へ受け継いでいくにふさわしい地方それぞれの優れた椿を「優秀古木椿」として認定登録しながら台帳作りをすることにいたします。この制度は、先に発足しております新花品種登録制度とは異なり、各地方なりの会員みなさまからの調査報告を取りまとめるものですので、厳密な品種としての審査は行ないません。
 
登録の仕方としては、所定の用紙に登録しようと思う名椿、古木椿、巨樹椿の特性を記入し、何枚かのわかりやすい写真を添えて、日本ツバキ協会学術部優秀古木椿認定登録委員会宛に届け出をして下さればいいのです。登録用の書式は文末にありますので、コピーして使ってください。また、日本椿協会の事務局までご連絡いただければその都度、書類一式を送付してさしあげます。費用はかかりません。登録に関しても、特別な登録料などは必要ありませんので、積極的にこれはと思われる素晴らしい古木椿の調査を報告してくださればありがたいです。
 登録に際して是非記入していただきたい項目につきましては登録用の用紙をご覧ください。概略は以下の通りです。
名称についてですが、地元での通称とか登録された名前のある古木椿の場合には混乱を避けるため、それを書いてください。まだ名前が無い様でしたら、わかりやすい名前をつけて下さい。基本的には所在地のわかるそれぞれの土地の名前をつけるのが一般的かと思います。たえば、水道橋公園椿、隅田公園散り椿、神保町斑入り椿・・・などがわかりやすいです。
 そして、宣伝くさい、商売につなげようとか、そのような意図のあからさまな名前は避けてください。あくまでも、椿の名前として節度のある、おもむきのある名前をつけて届けてください。例えば、〇〇屋の羊羹椿、とか××市観光椿、とかは避けていただきたいと思います。この辺りにつきましては登録委員会の内部である程度は判断させていただきます。私たちの協会はあくまでも文化団体で、それなりの節度あることが必要だと思います。
 
樹高、幹周り、などの測定数値をわかる範囲で記入してください
 
樹齢はわかる範囲で大体の推定でご記入ください。不明とされても構いません。
 
花の特徴は通常の観察項目についてわかる範囲でお願いします
 
所有者がおいでの場合には、差し支えない範囲で、その方のお名前、寺院神社などでしたらそのお名前など、その名前を書いてください。個人情報なので困るという場合には、「個人所有」とか「〇〇組合管理」とか、大体のところで構いません。
 
故事来歴など、歴史的ないわれがある場合には、その内容を簡単に書いてくださると助かります
 
このリスト作りは後世のために記録を取りまとめることが趣旨ですので、審査料・登録料などはかかりません。毎年登録された古木椿についてはそのリストを会誌に取りまとめて掲載していきます。



ただし、希望される場合には、優秀古木椿としての認定証と、公園や植物園で使われているような樹木用ラベル(見本デザイン参照)を実費で製作してさしあげます(今の所、10,000円程度の実費、送料込みで検討中です)


優秀古木椿登録届け用紙(本状を協会学術部 品種登録委員長山口聰あてにお届け願います)
以下の項目につき逐次分かる範囲でご記入願います(なるべく6月末までにご返送いただければありがたいです)(1品種ごとにご記入願います。用紙不足の時にはコピーして使われるか、事務局までご連絡ください)各項目の順番に従ってお書きください。スペースは広くなっても構いません。
 
申請届けの年月日
 
申請される方のお名前と所属支部、連絡先の住所、電話番号、Fax番号、e-mailアドレスなど
 
登録しようとする古木椿の名称(通称があればそれをご記入願います。通称が無い場合には新しく名付けてください。所在地の分かりやすいよう、土地等の名前を冠するのが望ましいです)
 
以下の項目につき簡略をお書きください(不明の場合などは書かなくとも構いません)
樹体の情報  樹高
       
       幹周り(胸の高さの幹の円周長)
       
       花のサイズ
       
       花の咲く時期
 
       花の色
 
       花のタイプ(一重、八重とか)
 
       葉の特徴
 
       果実の特徴
 
       その他の特記事項(生育状況など)
所在地情報  所在地住所
 
       現地へのアクセス(最寄駅など)
 
所有者情報  持ち主
 
       見学の可否など
 
故事来歴(この椿にまつわる民俗学的なエピソードがあると、とても有意義な調査データーになると思います)

 

 

 

参考写真を添えてくださると助かりますし有用な情報になります。 
 
樹体全体(必須です。周囲の状況も分かりやすいような写真がありがたいです)
樹幹(古木の幹肌は独特の色調があるので、必要になります)
花(大きさのわかりやすいように物差しとかを添えて撮影してください)
果実(もし、あれば)
その他、必要と思われる形質についての写真を添えてください
 
 
本調査は3月中に発送、10月までに1回目の取りまとめを行い、来年の野々市サミットに最終的に取りまとめて報告します。用紙が足りない場合には適宜付け足して書き込みをお願いします





 申込み締め切りました‼」
                 

28年度春の観賞会「京都の椿を訪ねる旅」ご案内           
                 
日本ツバキ協会では毎年「春」はツバキの名所、植物園、公園へ出向き観賞会を開催し、「秋」はサザンカ、ツバキを訪ねて行楽観賞会を開催しております。
今年の「春」の観賞会は、京椿を訪ねて霊鑑寺、武田薬品工業の薬用植物園、を見学して、会員皆様と交流・親睦を図り楽しい1日を過ごしたいと次のとおり企画しました。 
なお、見学終了後は49日(土)開催の第26回全国椿サミット与謝野大会へ参加する会員の皆様は、京都駅発18時の高速バス便があり天の橋立、岩滝の宿泊場所へ向かいます。所要時間は2時間13分程度です(料金は片道2900円)
但し、前売券を纏めて購入すると割引があります。                            
・日  時   28年4月8日(金)11:00~16:00         
訪ねる先  「霊鑑寺」京都左京区鹿ヶ谷御所ノ段町12、(市バス5系統乗車で真如堂下車徒歩7分、100系統宮前町下車徒歩5
    (予定)「法然院」京都市左京区鹿ヶ谷、霊鑑寺から哲学道徒歩10分                                
       「武田薬品工業(株)薬用植物園」(京都市左京区一乗寺竹内町
         市バス5系統で銀閣寺道乗車、一乗寺清水町下車徒歩15分           
・集合時間   午前11時          
 集合場所   霊監寺正面入り口前に集合下さい(参加者には付近図配布)        
 交通機関   路線バス(京都市バス5系統か100系統乗車、タクシー)                
 参加費    なし 但し、往復交通費、昼食(弁当、入園料等は各自負担    
 参加者 、  41名  満員のため218日で申込み締め切りました、
 見学経路(予定 霊鑑寺  11:00~12:00  昼食・徒歩移動 
          但し、法然院見学する方  12:00~12:40   
         武田薬品工業薬用植物園前14:00集合(市バス5系統か、タクシー移動) 
        ④ 京都駅バス乗場17:00集合(バス、地下鉄他で)            
 サミット開催地へ・見学終了後京都発高速バス18:00で天橋立着20:03岩滝着20:13 高速バス乗り場は、京都駅烏丸中央口出てバスターミナル高速バス乗場C2番                   
         ・その他JR山陰線・北近畿タンゴ鉄道乗換で京都発17 時29分特急で福知山発乗換で天橋立着19時54分

 


                   
 (社) 日本つばき協会2016年度催事について                
■「全国椿サミット与謝野大会の開催」                     
第26回全国椿サミット与謝野大会が2016年4月9日~10日野2日間に亘り、京都府与謝野町で開催されます。今回は銘木「滝の千年椿」があり、「俳句で有名な与謝野蕪村」と日本三景の景勝地で有名な天の橋立の近く人口2万人余りの町です。毎年椿サミットを楽しみにしている会員の皆様多数ご参加頂き交流を深め、また新しい発見を是非見つけて戴きたいと願っております。                       
 ・開催日 2016年4月9日(土)~10日(日) 2日間          
 ・場 所 京都府与謝野町勤労者総合福祉センター(大会参加受付、式典他)            
  なお、毎回恒例の「会員懇談会」を4月9日(土)12:15~13:00まで与謝野町商工会館で開催致しますからご出席下さるようお願い致します。詳細は後日ご案内いたします。         
■(社)日本ツバキ協会会員総会開催                       
  全国椿サミット与謝野大会開催期間の4月9日に次のとおり会員総会を開催致します。会員皆様に協会の年間活動・財政状況をご報告いたします。        
  サミット参加の会員皆様の出席をお願い致します。                
 ・日 時  4月9日(土)13:30~14:10               
 ・場 所  京都府与謝野町勤労者総合福祉センター              
 ・報告事項  1)2015年度事業・決算報告、2)2016年度事業計画・予算案
        3)品種登録認定発表と表彰式  4)その他                      
「2016年の主な予定」                                                                                             
 ■神代つばき展                                
  期 間  3月23日(水)~3月27日(日) 9:30~16:30            
  場 所  都立神代植物公園植物展示棟1階 (調布市深大寺町)         
  今年は、神代植物公園で開催以来14回目となります。「鉢植えツバキ」の普及と会員拡大のため、花鉢、生け花、切り花、ボタニカルアート、絵画、パネル、写真等を多数展示します。また、協会の紹介、各支部提供の写真等を展示します。           
  3月27日(日)の催事 (江戸椿研究会)                          
  ・椿園見学会   10:30~12:00、 同公園内椿園                       
  ・講習会     13:30~15:00、 展示棟2階集会室                                  
 交通機関                
  ・JR三鷹駅から京王線調布行きバスで神代植物公園前下車            
  ・京王線調布駅から三鷹駅行きバスで神代植物公園前下車             
  ・入園料      大人500円(65才以上は250円)          
  なお、「つばき展」開催期間中の3月24日(木)に東京都公園協会主催の「つばき
  について」の講演会が展示場2階の会議室で10時30分から開催され、当協会箱田会長が講演されます。                           
  (訂正とお詫び) 1月20日発行の会誌54号134頁掲載の「季節の便りの神代つばき展」項で当協会会長の講演日に誤りがありましたので上記のとおり3月24日(木)に訂正して、詫びいたします、
                                                
花菜ガーデンつばき展                             
   江戸椿研究会では今年も恒例のつばき展を次のとおり開催します。お待ちしてます。                           
 ・期 間  3月30日(水)~4月3日(日)                
 ・場 所  花菜ガーデン展示場(平塚市)
春の椿観賞会                                 
   毎年恒例の観賞会は、永年の念願である京椿が雅に咲く京都市内の寺社や武田薬品薬用植物園の観賞会を企画しました。椿サミット与謝野大会開催日の前日の48日(金)に次の通り実施致します。会員皆様のご参加をお待ちしています。終了後サミット開催地の宿泊場所へ高速バスかJRの特急で向かいます。                 
  なお、開催詳細は会誌54号の136頁に掲載しております。ご参照ください。       
  ・月  日    48日(金)11:00~16:00             
  ・見 学 先   霊鑑寺、武田薬品工業(株)薬用植物園、法然院(予定)   
  ・集合時間    48日(金)午前11:00                
  ・集合場所    霊監寺正面入り口前(京都府左京区鹿ヶ谷御所ノ段町12)        
  ・参加人員    2月18日(水)で満員となりましたので申込み締め切ります                         
  ・申し込み先   日本ツバキ協会本部事務所(℡03-5805-5222,ファクス03-5805-5226
    夏期講習会                                 
   毎年恒例の講習会を今年はアルカデア市ヶ谷が改修工事のため9月に同場所で開催予定です。今年は「椿の巨木、銘木」をテーマに各地の椿を中心に取り上げ講演会や講習を開催し、また好評の苗木の交換会、即売会も実施します。                   会員同士の交流と親睦で椿談義を楽しみましょう。詳細は会報105号(5月20で)                
  ・月  日 7月23日(土) 13:00~16:30              
  ・場  所 学士会館(予定)(東京メトロ東西線竹橋駅下車徒歩5分)
  ■秋季椿鑑賞会                                 
   今年の秋の観賞会は、今年2月開催の国際ツバキ協会大理大会で優秀つばき園に認定される予定の伊豆大島の椿園見学を11月頃予定しています。詳細は会報106号(9月20日発行)でご案内します。       




トップ・ページへ戻る