未曽有の大災害 椿サミットは中止 大船渡からの報告

大船渡支部 村上 (あつし)

(大船渡市役所農林課課長補佐/全国椿サミット三陸・大船渡大会事務局)

三陸沖を震源地としたマグニチュード9.0の地震と津波による東日本大震災で受けた被害により、319日・20日に予定していた「第21回全国椿サミット三陸・大船渡大会」を中止させていただきました。
主会場のリアスホールは被害がなかったものの避難所として使用され、交流パーティー会場を含む多くの宿泊施設は津波の被災を受け全壊、交通機関もJRは不通、道路も分断され、電気・水道のライフラインも被害が甚大で、いずれも復旧の見通しが全く立たない状況にありました。こうしたことから、やむなく中止させていただくことにし、当地からの連絡手段が一切ないことから、ツアー会社から連絡させていただきました。
全国椿サミット協議会様、日本ツバキ協会様、大会参加を予定していた皆様並びに大会開催にご協力いただいてきた関係者の皆様に、多大なご迷惑をおかけいたしまして心からお詫び申し上げます。
また、日本ツバキ協会本部様の呼びかけにより、多くの会員様から、当市に対しまして過分なる災害義援金を頂戴いたしました。前回開催地の福岡県久留米市の皆様からは多くの物資や励ましのメッセージをいただきました。大会参加を予定されていた方からは大会参加費を義援金としてご寄付いただきました。「椿」で結ばれた縁が大船渡市を支援していただくことになり、感激しておりますとともに、言葉では言い尽くせないほど感謝しております。本当に有難うございます。
 
津波が来る!
311日の震災時、私は全国椿サミットの交流パーティーの打ち合わせのため、大船渡市街地にあるパーティー会場の大船渡プラザホテルの1階ロビーにいました。午後246分、ホテルの支配人と大船渡市観光物産協会の事務局長で話を始めようとした矢先、携帯電話から警報音とともに緊急地震速報が発せられ、「大きな地震が来る」と感じる間もなく、「ゴーッ」という地鳴りとともに建物が大きく揺れ始めました。その揺れは、それまで頻繁に発生していた地震とは質が異なり、とてつもなく大きな揺れで、慌ててホテルの外に飛び出ようとしましたが、真っ直ぐ走ることはできず、玄関のドアにぶつかりながらも何とか表の道路に出ることができました。
道路には、近くのスーパーや商店、事務所から出てきた人々がおり、中には立っていることもできずに路上に座り込んでいる高齢の方もいました。路上の電柱は左右に大きく振れ、電線も波打ち、どこからかガラスの割れる音が聞こえてきました。長く続く揺れの中で、60代の女性が「もう終わりだ…」と泣き叫んでいます。いつまでも収まらない揺れで、近くにある大会参加者の宿泊施設の外壁が大きく崩壊するのが見えました。このとき、「この地震はただ事ではない。間違いなく津波が来る。」と直感するとともに、「椿サミットは開催できるのだろうか」という不安が頭をよぎりました。
ようやく地震が収って来た頃、私は自家用車に乗って、災害時に市役所職員が集結することになっている末崎地区本部に向かうことにしました(当市では津波災害時には居住地区付近の集会所を拠点とした災害対策地区本部を設置することになっています)。通常のルートは海岸線であり、そのまま向かったのでは津波に巻き込まれる危険性があると考え、逆方向に向かって山手から遠回りして行くことにしました。国道に出たところ、私は比較的容易に進むことができましたが、市街地に向かう道路の渋滞が激しく、このままでは津波に飲み込まれる犠牲者が多く出るのではと危惧されました。
国道から三陸自動車縦貫道に乗って、碁石海岸ICで降り、高台の道路から海の方を眺めると、津波が襲来していました。チリ地震津波の教訓から築造された湾口防波堤は姿が見えず、大船渡湾内は白く泡立った高波が湾奥に向かってうねっていく様子が見え、眼下の小集落には海水が流入し民家がのまれていました。空前絶後の大災害の予感はしましたが、私は皆まで見ることをせず地区本部に急ぎました。



悲惨、廃墟のような町


地区本部には、着の身着のままで避難してきた住民で溢れかえり、家族を失った人、住居が流出した人、家族の行方を探す人などの、泣き声、叫び声、怒鳴り声などが充満していました。こうした中、私たち市職員は、災害用毛布の配布、体育館の寝床づくり、炊き出しの準備などに追われました。
震災直後から、交通網の遮断、停電、断水、電話回線の不通、携帯電話もつながらないなど、まったく情報が入ってこない時期が数日間続きました。電気も通じないことからテレビも見れず、被災地でありながら被災状況は全国の方々よりも知る機会が少ない状況にありました。私のいる避難所周辺で、携帯電話(ドコモ)が通話可能となったのは319日、電気が通電したのは320日(電源車)、電話のアナログ回線が復旧したのは4月上旬(インターネットやメールは不可)、上水道が復旧したのは48日のことでした。
大船渡市における津波の高さは、最大で20メートルを超え、海岸近くにあった大船渡町の商店街及び工業地域、市内平地の住宅地は壊滅しました。震災後1週間後にようやく市役所に行くことができましたが、途中で見た市街地は、海から遠く離れた場所に大型船が流れついていたり、車が屋根の上に乗っていたり、電柱や電話柱があらぬ方向に折れ曲がっていたり、わずかに残っている建物は鉄筋コンクリートと鉄骨造のみで、ほとんどが瓦礫で埋め尽くされているという、まるで廃墟の町のようでした。特に、夜はまったく灯りがないため不気味さが一層際立ちました。
 
震災による当市の被害状況は、430日現在で、死亡者300名、行方不明者155人、建物の全壊・半壊3,629戸と、かつて経験したことのない甚大な被害を受けました。残念ながら、大船渡支部の会員にも、亡くなった方、家屋を流出・損壊した方がおります。
こうした未曽有の震災直後から、当市では、陸上自衛隊、全国の警察・消防援助隊、友好都市、アメリカ・イギリス・中国の国際援助隊、県内の自治体ほか多くの皆様のご支援をいただきながら、災害復旧を進めており、電気や水道などのライフラインも市内の広範囲で復旧しました。瓦礫の撤去や仮設住宅の建設も始まっており、大船渡市は復興への道を歩み始めております。


三面椿は無事だった
推定樹齢1,400年の「大船渡の三面椿」は、熊野神社境内直下まで津波が押し寄せましたが、何とか難を免れ、今年も満開の花を咲かせております。「世界の椿館・碁石」も地震の被害を若干受けたものの、施設全体の影響は少なく、上水道が通水すれば開館できる見込みとなっています。市街地では多くの財産を失いましたが、椿という資源は残ってくれました。
21回全国椿サミット三陸・大船渡大会のメージソングとして「椿のうた」を、アカペラグループXUXUに作っていただき発表する予定でしたが、それもできなくなりました。この曲が、復興の一つのきっかけになればと、大船渡市災害エフエムで流させていただいています。この曲の中には、「花びらは手をつないで 輪になって支えあう 春を運ぶその日まで 咲き誇れ椿」というフレーズがあります。当市では、4月中旬頃に椿が最盛期を迎え、今年は例年以上の花をつけ咲き誇っています。まさに、椿の花が、みんなで力を合わせて復興を目指すというシンボルに思えてきます。
 
大船渡市は、全国各地からの温かいご支援と地域や企業、ボランティアの皆様の力強い努力、ご協力をいただきながら、復興に向けて全力で取り組んでおります。
いつの日か、「新生 大船渡」に全国の皆様をお迎えして全国椿サミットを開催できるよう、必ずや復興を成し遂げます。そのことが、皆様から賜りましたご厚情に報いることになるのではないかと思います。その日まで、どうか温かく見守っていただきますようお願い申し上げ、お詫びとお礼並びに報告とさせていただきます。
重ね重ねになりますが、本当に有難うございます。
(5月5日・三面椿の写真は4月26日撮影


戻る