ツバキ・その魅力のポイントは花の多彩な美しさ
ツバキは日本原産の樹木で、わび、さびを愛する日本人の美的感覚にマッチした清楚な花から、外国人好みの大輪・華麗な花まで、その多彩さは群を抜いています。
さらに、ツバキのもうひとつ原産地である中国やヴェトナムの奥地では、黄花種を始めとして、まだまだ未知の野生種もあり、ツバキには花の美しさのあらゆる典型があるといえるでしょう
新種を作る楽しみ
ツバキは自家受粉し難く、他の品種の花粉と交配・結実する性質を持っています.
従って園芸品種の種子を蒔いても親木と同じ花や葉を持った木を得る事はほとんどできません.。という事は様々新しい種類を交配させて全く新しい種類の株を得る楽しみがあるという事です.選んだ二種類のツバキからどんな花が咲くか想像しながら交配を行い、その結果が歴史に残る名花の生みの親になれるーーそういう可能性もあるのです.
世界的な拡がり

幻のツバキといわれた金花茶が中国で発見されたのを機に、日本古来のツバキとの交配種もいくつか作られており、又、欧米のビル・デ・ナントという華麗なツバキは、江戸末期にオランダの医師シーボルトが日本から持ち帰ったツバキ
「正義(まさよし)の枝変わりといわれています.
光源氏や卜伴などの日本の銘花から作り出された外国のツバキ(いわゆる洋種ツバキ)も数多くあります.
日本国内でも九州の肥後ツバキ、北陸のユキツバキ、古都京都の由緒あるツバキなど、夫々特徴のあるツバキがあります
.
愛好家どうしの交流
同好の志との語らい程心許せる一時はないでしょう.現在日本ツバキ協会に加入している会員は全国で1,580名余、そのかたがたが地方各地で支部を作り、活発な活動を続けています.又アメリカ・イギリス・フランス・イタリア・
オーストラリア・ドイツなどにも長い歴史を持った夫々の国のツバキ協会があって、ツバキの愛好家が夫々の国で集まって活動しています.
ツバキ愛好家の数は今や世界中で数万を超え、それらの方々は日本や中国も含めて国際ツバキ協会(ICS)という組織の中でグローバルに交流の輪を広げています.
日本ツバキ協会は当然のこととして、ICSの一員として東アジア支部に所属しています.
会員の特典並びに入会手続き

トップ・ページへ戻る