韓国の新会員から椿のたよりが届きました
 
今年6月、韓国京畿道で盆栽園を経営している崔泳益さん(チェヨンイクChoi Young Ik=57歳)が日本ツバキ協会に入会されました。10月になってこんなメールを送って来られました。
 
 
JAPAN CAMELLIA もよく見ていますムペでも様々な情報を得ていますで日本の椿を愛するつくり員たちと一に日本のツバキの普及に力を注いでいます もっと活な活動のために、日本ツバキ支部を結成したいと思っています可能ですかまた、韓椿の名前を登したいのですがどのような手が必要かお知らせください最新日本ヅバキ鑑を購入したいので、格と送金方法を教えてください」(10月14日)
 うれしいメールに感謝の返信を送ると、翌日には大事に育てている椿の写真が届きました。



 「5年前南西部全羅北道高敞群禪雲寺付近で見つけた野生の椿を取って來て挿し木で増やし、盆栽に作りました 一重小輪で、 ???」( ハヌリ)と名付けました」(10月15日)

 「ハヌリ」の意味を尋ねると、こんな答えが返ってきました。
「品種名の ハヌリの意味は 空です。い空。たとえて言えば
         韓國語   日本語        英語           漢字
私の名前  ???   チェヨンイク  Choi Young ik  崔泳益
 韓國の椿  ???   ハヌリ        Hanuli         なし(純粹 韓國語)
  ハヌリは 韓國語 ??? 日本語で發音したものです。Hanuli韓國語
 ??? 英語で發音したのものです。 ??(空)+  ? (助詞)。空を 擬人化したのです」

(10月23日)理事 高橋



戻る