E

国際ツバキ協会

(国際ツバキ協会のホームページの抄訳)

 

「冬の女王」、ツバキ属は250以上の種から成り、経済的にはC,sinensis(茶)が重要であり、園芸的にはC.japonica(ジャポニカ種ツバキ)、C reticurata(トウツバキ)、C.sasanqua(サザンカ)が重要であり、それら交配種が増加しつつある。ツバキは常緑で、長寿命で、それらの花は秋から晩春に掛けて庭園を輝かしいものにする。地面にじか植えや鉢植えで容易に栽培出来て、大小様々の樹形に育てられ、生け垣用の密で横広がりの低木に出来たり、容器やハンギング・バスケット用のミニチュアにもすることが出来る。

 ツバキは中国の亜熱帯地方、日本やその近隣の国々に原生する。ツバキは暑く湿度が高い夏と温暖な乾燥した冬を好むが、乾燥する夏や多湿の冬の不利な気候環境にも繁茂出来ることに驚かされる。耐寒温度は鉢植えでは−5℃、露地植えでは−20℃である。より耐寒特性を持つ交配種の研究がなされている。

 

国際ツバキ協会(ICS)

 設立:1962

 現役員: パトロン  Mr. Charles Puddle

      会長    パトリシア・ショート 夫人

               副会長   Mr. Lewis Fetterman,  Dr.Chuji Hiruki,Mr. Waldemar Max Hansen,
..........................................Mr.Peter Levick

                        
 国際ツバキ協会はツバキ属に奉仕する非営利団体で、1962年4月に設立された。毎年。国際ツバキ誌を発行したり、ツバキ属の品種を国際登録する業務をしている、国際ツバキ登録簿の維持を行っている。国際ツバキ大会を隔年に開催している。各地域では下記の事務局長の下で、会合が定期的に行われている。ICSの会員は世界各国に亘り、2000名を越える。

 ICS理事   アフリカ       Keith Kirsten

        オーストラリア    Winston Fraser, Dr Ann Marks, Nance Swanson.

        ベネレックス     Marc De Coninck, Dr. Wyteze Heokstra 

        チャネルアイランド  Maxine Fergusson

                   中国            Prof. Kaiyun Guan, Dayin Tang

        フランス       Max Hill,Roger Salaun

        ドイツ/オーストリア Peter Fischer, Dr.Hermann Schontag

        イタリア       Prof.Gianmario P. Motta

日本         松本 重雄、 尼子 純一郎

ニュージーランド   Vonnie Cave, Elva Harwood

ポルトガル      Maria Aigisita d’Alpuim

スペイン       Carmen Salinera Corral

スイス        Dr.Rolf Stockman

イギリス       John Fildew, Eric Talor, Jennifer Trehane

アメリカ       Annabel nFetterman, Arthur Landry, Ronald I.Wolfe


  ICS事務局 : 日本&アジア地区      

 

コングレス(国際ツバキ協会大会)

 ICSは、開催地が南半球か北半球に応じて、18ヶ月または24ヶ月置きにコングレスを開催している。最近では英国のコーンウォール市で2008年3月に開催された。コングレスには二つの目的がある。第一にはツバキ属の分類、交配及び繁殖の研究の成果を世界に発表する場を提供すること。第二には会員の交誼を更新し、また世界中に新な友情を育てることにある。また、素晴らしい庭園を訪問する機会が持てる。これら庭園には普段は立ち入れない、非会員の庭園が含まれる。これから開催が計画されているコングレスは次の通りである:

    オーストラリア、メルボルン市   2006年8月

    イギリス、コーンウオール     2008年3〜4月

    日本 久留米市          2010年3月

    中国 雲南省楚雄市        2012年3月
..............スペイン ガルシア市             2014年春
      中国 雲南省大理                2016年春

会員登録:随時受付(年会費 4000円) 現在会員数:103名  

 

国際ツバキ誌

 毎年1回発行している

現在の編集者は下記の通り。

Ms.Jennifer Trehane

E-mail: jennifer@trehane.co.uk

 

国際ツバキ登録簿

 1993年に国際ツバキ協会から発行。

 国際ツバキ登録担当、Thomas J. Savige, Wirlinga, NSW, Australiaによる。

 2巻、2208頁、限定出版。ISBN 0646109162

国際ツバキ登録簿補遺版

 1998年に国際ツバキ協会から発行。

 国際ツバキ登録担当、Neville Haydon, NSW, Australia

 1巻、356頁、限定出版。

 

 登録簿2巻と補遺版1巻の数セットがまだセット当たり208,20米ドル又はで入手可能。入手希望のむきは下記へ連絡されたい:

日本事務局:日本ツバキ協会内、国際ツバキ協会事務局。担当:村内 重幸まで

 登録簿は3万のツバキ栽培品種に関するする入手可能な書かれた情報を収集し、有効な名称、異名、を内容の記述と共に歴史を分類する、40年間に亘る努力の結晶である。一般的な情報は序文、謝辞及び前文を読めば得られる。適切な利用の為には本文の説明や略語を読む必要がある。登録簿及び補遺版は1998年現在の200種以上の原種のリスト及び簡単な記述がある。

 

PEOPLE

 (この頁で各国ツバキ協会、公共及び個人のホームページにリンク出来る。)

 

TOPICS

 (ツバキ栽培に関する情報、各国のツバキ協会の会誌、ツバキ関係の本の資料がある。)

 

GARDENS

 (ICS指定の各国の国際優秀ツバキ園を紹介してある。)

 

MISCHELLYROUNEOUS

 2005年9月現在、特に掲載がない。)

トップ・ページに戻る