国際ツバキ大会

201832125

フランス、ブルターニュ、ナント

 

2018年のナントにおけるICS大会に発表論文を提出していただけるよう心からお待ちしています。その発表、論文、ポスターは、ツバキのテーマに関する研究に限ります。

(投稿は発表や発表の受け入れを保証するものではありませんのでご注意ください)

 

投稿規定

提出期限

要旨提出期限:201791

要旨の受諾:2017915

論文提出期限と大会登録期限:2017111

論文の受諾:20171130

ポスター提出期限:2018210

 

論文を提出する前に、投稿者は、電子メールアドレスpatricia-short@btconnect.comにポスターまたは口頭発表のため .doc または .docx 形式の要旨を送付してください。論文のカテゴリーを示してください。

l     ツバキの歴史と生物多様性

l     分子生物学、植物病理学を含む科学

l     植物のコレクション・開発

l     保存および交雑

l     文化と観光

l     茶,油,化粧品のような生産あるいは産業油

 

要旨の投稿規定

要旨の締め切りは201791日です。

要旨のフォーマット

フォント:Calibri(またはArial タイトルは14ポイント,本文は12ポイント

間隔:シングルスペース

単語数:150250語。

マージン:デフォルト

言語:英語

 

論文の投稿規定

書類提出の締め切りは2017111日です。電子メールでpatricia-short@btconnect.com に、Microsoft Wordまたは互換性のあるオープンアクセス形式で送信してください。

 

一般ガイドライン

用紙サイズ:A4またはレター。

フォント:Calibri(またはArial)、12ポイント。

論文の長さ:表と図を含めて最大10ページ。

写真を含む表と図は、総ページ数の約1/2の約5ページに制限してください。

マージン:デフォルト。

行:最初の行は標準の字下げにして,シングルスペースです。

言語:英語

 

その他の関連情報

 

植物名

すべての種には、種内のA  var. @A  subsp. @A  f. @などの略語を除いて学名をイタリック体で表示してください(例:Camellia japonica subsp. rusticana Camellia nitidissima var. microcarpa)。

品種名は、一重の引用符で囲んでください(例:Camellia reticulate ‘Damanao’  ; Camellia japonica ‘D.W. Davis’)。雑種の場合、通常(ローマン体)のフォントで「x」を属または種名の前に用いてください(Camellia x williamsii 'Brigadoon')。

 

著者および所属

タイトルの下の行に著者の名前を書いてください。著者の名前(姓ではない)は、省略なしで書かれていても、イニシャルで書かれていても構いません。著者の所属または住所(大学または研究所の学部名あるいは研究室名)を名前の下に書いてください。電子メールで投稿責任者の連絡先を書いてください。

 

キーワード

キーワードとは副題で,コロンの後にタイトルに使用されていないキーワードを最大5つまでリストしてください(キーワード:生物学的防除、真菌)。

 

謝辞

これは、必要に応じて資金源・プロジェクト名を、また同僚や専門家の助けに感謝を、表明するためにあります。

 

引用文献の本文中での引用は、筆者の姓と出版年を括弧で囲みます(Peters, 1950; Jones and Smith, 1990)。著者が2人いる論文については、両方の著者の姓を記入してください(Black and Brown, 1974)。注: "et al." 3人以上の著者の時に使用します(Brown et al., 1999)。

 

私信は、文献引用には書かず、本文中にその人の姓あるいはイニシャル(と姓)および日付を書いてください。日付はオプションです。したがって、(G. Orel、私信、1998)。

 

引用文献は、論文に引用された各出版源を完全な形で引用してください。筆頭の著者の姓に基づいて、アルファベット順にリストアップし、同じ著者の出版物には時系列順にリストアップしてください。以下の形式を使用してください:

 

雑誌:

Scott, M.A. 1977. Methods of improving flower bud initiation in camellias. Expt. Hort. 29:80-93.

San-José, M.C. and Vieitez, A.M.. 1990. In vitro regeneration of Camellia reticulata cv. ‘Captain Rawes’ from adult material. Scientia Hort. 43:155-162.

 

単行本:

Savige, T. J. 1994. The International Camellia Register. International Camellia Society, Wirlinga, Australia

本の章:

Daubeny, H.A. 1996. Brambles. p.109-190. In: J. Janick and J.N. Moore (eds.), Fruit Breeding, Vol. 3, Nuts. Wiley, New York.

 

プロシーディングの章:

Wang, Z., Lifang, X., Baojung, F., Shiuchi, T. and Chunmei, X. 2012. Chuxiong Camellia, its discovery, history and present development. Proc. International Camellia Congress. Chuxiong, China 5-9 Feb. p. 1-10.

 

表と写真には、アラビア数字で連続した番号を付け(Table 1, Photograph 2など)、本文の中にリストされていなければなりません。タイトルは、表や写真の上に10ポイントの大きさで配置してください。

 

図にはアラビア数字で連続した番号を図の下に付けてください(Figure 1, Figure 2など)。図、グラフ、描写は、白黒またはカラーのいずれでもかまいません。テキストにリストされている必要があります。図のタイトルは10ポイントの大きさで図の下に表示してください。

 

口頭発表の投稿規定

口頭発表の時間制限:20分。

執筆者の簡単な紹介(約4分の1ページ)を書いてください。

注:パワーポイントを使用する場合は、プレゼンテーションのコピーをセッションの2日前に電子メールで送ってください。

 

ポスターの投稿規定

 

フォント:指定していません

文字サイズ:10 mm(推奨)以上

見出し:タイトル、著者名、所属および住所

サイズ:1.20 m x 0.90 m(縦x横)

ソフトウェア:Microsoft Power Pointまたは互換性のあるオープンアクセスソフトウェア

 

ポスターの提出の締め切りは2018210日です。ポスターは、Microsoft PowerPointフォーマットまたは互換性のあるオープンアクセスソフトウェアでpatricia-short@btconnect.comに電子メールで送信すればナントで印刷されます。

 

ポスターのデザインでは、研究所あるいは大学のロゴを右上に書いてください(研究所のロゴがない場合は、ICSのロゴを代わりに使用してください。 ICSのロゴはpatricia-short@btconnect.comまでお問い合わせください)。

 

重要:プレゼンテーションのコピーは、USBデバイスまたはCD / DVDのいずれかで持って来てください。