2011923日更新 

       (この文章は2011年9月20日発行の会報「ジャパンカメリア」96号に掲載しました)

 

      一般社団法人になりました

        会長   箱田 直紀


日本ツバキ協会は201171日付けで法人化いたしました。通称は今まで通り「日本ツバキ協会」でよいのですが、これからの正式名称は「一般社団法人 日本ツバキ協会」、英語名はThe Japan Camellia Societyとなります。

 日本ツバキ協会の設立は1953(昭和28)年4月ですから、今年で58年目を迎えました。

その間、一度も途切れることがなく、現在では全国に48支部、会員1,500名余を擁する団体に成長いたしました。これは長期にわたり多くの会員の皆様方が積極的に関わってきた熱意のお蔭であり、心から感謝申し上げます。

ヤブツバキ、ユキツバキ、サザンカなど重要なツバキ属植物の原産国であるばかりでなく、多くの園芸種が開発され集積された出発の地であるという背景と、それらが世界に広まり、代表的な園芸植物として認識されるにいたる過程で関わってきた多くの先輩方の活躍の賜物でもあります。

 私たちは、今回の一般社団法人化を足掛りにして、もう一歩進めた新しい日本ツバキ協会に進化させようと考えておりますが、趣味家を中心にスタートした、長い歴史を持つ協会の歴史と伝統をないがしろにするつもりはありません。先輩方が残し、積み重ねてきた伝統を基盤に、さらに組織として一歩進めた協会を構築してみるつもりです。

日本ツバキ協会の「法人化」は、故安達曈子元会長が1991年に提案され、20年にも及び論議を重ねてきた協会の重要懸案事項でした。当初は公益財団法人を目標にしておりましたが、200812月の「一般社団法人及び一般財団法人に関する法律」等三法の施行により、本協会としてはまず「一般社団法人」として登録した後に、実績を重ね「公益社団法人」の認定を目指すということになりました。

そのため、2009年の南砺市での総会に於ける一般社団法人設立のための「定款骨子」の了承、2010年久留米市の総会での細目了承のあと、さらにより良い法人化を目指して理事会を中心に議論、修正を重ねてきました。本年3月に予定されておりました大船渡市での20113月の総会で「定款全文」と法人化の議決を予定していましたが、直前の東日本大震災により総会中止のやむ無きに至りました。

 そこで、本年5月に東京・麹町公証人役場で認証を得た「定款」の全文を、会報「ジャパンカメリア」95(520日発行)に掲載し、その上で611日に東京・市ヶ谷で開催した総会で、会員の皆様から承認の議決をいただきました。

71日、東京法務局に登記を申請、書類の審査も無事に終え、714日に登記を完了しました。設立は申請日付の71日です。

 

いよいよ「一般社団法人日本ツバキ協会」のスタートです

「法人化により日本ツバキ協会の社会的な地位が明確になり、公に認定された団体として取り扱われるため活動範囲が広がります。しかし、一方では毎年行わなくてはならない各種書類の作成や税負担など少なからずの事務量の増加と支出増が伴います」

それでは、なぜ法人化が必要だったのかを、法人スタートに当たって、もう一度考えてみましょう。

20年に及ぶ法人化へ向けての準備の中で、日本ツバキ協会が法人化したときのメリットとデメリットは何なのかという議論は絶えず繰り返されてきました。しかし、具体的な議論はたくさんあったのですが、意外にうまくまとめられておらず、上記括弧内に書いた内容の範囲を出ていません。

結論を先に言うと、文章化したときのまとめはこの程度かなと最近は考えています。その意味は、法人化によるメリットは、設立して待てば出てくるというものではありません。私たちが、行動を通じて自分たちの力で作りだして行くものなのだと思います。要は、この法人化をきっかけに、法人を設立した我々役員を含めた会員全体が、活動を開始し、目標を実行に移して行くことにかかっているのであり、その活力を生み出せるチャンスが巡ってきたことが最大のメリットなのだと考えています。

私が会長に就任した直後の「ジャパンカメリア」92号(20105月発行)に、就任挨拶を兼ねて、日本ツバキ協会の目標や活動計画の概要を書かせていただきましたが、その内容は、基本的には法人化を前提として書いたつもりです。したがって、そこに書いた個々の内容をいま変える必要があるとは考えておりません。

法人になっても、会員個々や会の活動そのものがツバキ文化発達の基盤ですから、これからも会員増加活動、会員相互の親睦やツバキを通じての切磋琢磨などが活動の中心であることは変わりません。

しかし、趣味から出発した任意団体としての「日本ツバキ協会」から、公に認定された「一般社団法人日本ツバキ協会」へ脱皮するためには、法人という組織に対する認識を相当に切り替えなければならないのだと考えています。つまり、これからは、会員個々の活躍や親睦を基盤におきながらも、一方では法人という組織としての実績づくり、実績の積み重ねが重要な課題になってくるのだろうと思います。

そのためには、法人としての目的達成や運営安定化のための資金づくり事業の展開など、会員の浄財としての会費に依存しすぎた経営からの脱皮なども具体的に考えなければならないと思います。

最後になりましたが、2004年発行のジャパンカメリア73号(20042月発行)に、故安達曈子元会長の退任挨拶文が載せられています。その中で安達元会長が協会の法人化にこだわった理由を(悔恨の意もこめて)述べておられますので、その一部を引用させていただきます。改めて心の底で味わってみてください。 

 

‥‥‥私は、五十年の歴史を持つ「日本ツバキ協会」が、単なる趣味の会としてではなく、社会的な責任をもって、園芸文化の顕彰と発展、環境問題としての緑化、国際親善などに貢献できる実力を持った組織になってほしかったのです。‥‥‥

 

8月4日、理事6人で墓前に花を手向け、報告して参りました。

 


戻る