第1回の品種登録は15人から27件の申請用紙要求があり、締め切りまでの時間が短かったためか、
最終的に5人から13件の登録申請があり、審査委員会の厳正な審査の結果13件すべて認定されました。
2月15日、全国椿サミット沖縄大会の際に開かれた会員総会で報告され、認定証が交付されました。今年度以降も
皆様の積極的な参加を期待します。




認定証を手に喜びの(左から)薦田高士(愛媛)、小門廣(東京)、矢野芳春(山口)の各氏

撮影
森田章介氏(京都)



戻る