■2012年3月10日
品種登録制度についてご意見を
日本ツバキ協会は1月28日の理事会で品種登録制度の内容を検討し、以下の規程案にまとめ、2月24日に全国椿サミット萩大会で開催した会員総会で報告しました。今後の活動の重要な事業ですので、広く会員の皆様からご意見を寄せていただき、4月14日の理事会で最終決定する予定です。ぜひ自由闊達な意見、提案を本部事務所にお送りください。メール、郵便、ファックス、電話、いずれでも結構です。3月末までにお願いします。
最終決定した規程は5月に発行する会報「ジャパンカメリア」97号で全会員にお知らせします。そして申請用書類一式の作成を急いで、今年9月から申請を受け付け、来年2月のサミット沖縄大会の際に品種登録委員会を開いて第1回の審査をおこなう計画です。
 
 日本ツバキ協会 品種登録制度規程(案) 2012年2月24日
   (目 的)
第1条 日本で育成されたツバキ、サザンカおよび近縁のツバキ類園芸品種の名称を整理し、新品種の名称登録制度を確立するため、この規程を定める。
 
(新花の定義と名称)
第2条 新花は新規性が明らかで、その特性が安定しており、申請に際しての記載に適合していなくてはならない。名称はこれまでに使用されていない新規のもので、かつツバキ類の品種名として適正でなければならない。商号その他、営利的な目的に利用される恐れのある名称は避けなければならない。
   
      (委員会の設置)
第3条 第1条の目的を遂行するため、学術部に品種登録委員会を置く。理事・学術部長を委員長とし、広く会員の意見を徴して学術部が推薦する候補者から会長が4人の委員を推薦し、理事会で決定し、5名で委員会を構成する。
 
(委員会の職務)
    第4条 (1)品種名の整理を行い、特性表や画像などのデータベースを作成・管理し、公開方法を   司る。
       (2)会員の申請に応じて新花登録の可否を審査・決定する。その結果は理事会に報告し、公表する。
   
      (登録申請)
第5条 日本ツバキ協会の会員で、新しい品種を育成し、名称を登録したいと希望する者は誰でも本規程に従って登録を申請できる。新花登録の申請は随時受け付ける。
  
     (申請様式)
第6条 申請は所定の書類を用いて、名称、品種の特性表、サービスサイズ以上の写真原則として3枚以
        上をセットとして日本ツバキ協会事務局に申し込む。申請書類は保存するため、原則として返還 
        しない。また、写真その他の利用は日本ツバキ協会に一任することをあらかじめ了承する。
 
(申請書類)
第7条 申請書類は協会事務局より購入する。書類一式は郵送料を含めて1,000円とする。書類は、申請書、特性表、申請の手引き、特性の測定・記録の手順と基準、既存品種の名称一覧表、返信用封筒、など申請に際しての参考となるものを含んでいる。
 
(申請料)
第8条 申請に際しては1件3,000円の申請料を協会事務局に納めることとする。
   
      (登録料)
第9条 新花として認められて登録する場合は、1件10,000円の登録料を納めることとする。登録料の納付を待って、新花登録認定証を発行する。
   (審 査)
10条 新花登録の審査会は原則として毎年の総会前に行う。審査の手順は別に規則で定める。
(2)登録の可否は委員の多数決による。同数の場合は委員長の判断で決する。
   
      (報 告)
11条 審査会の結果は直ちに会長に報告する。また、総会に報告するとともに、会誌・会報、ホームペ
ージなどにより周知に努める。
 
    (登録者の権利)
12条 新花として認められた品種は「日本ツバキ協会認定新花○○号登録品種」の名称を名乗って展示
したり発表したりすることができる。
 
        附 則 
13 (1)この規程は平成24年4月14日から施行する。
    (2)本規程改定の必要が生じた場合は、品種登録委員会で審議して改定案を作成し、理事会の審議で決定する。

戻る