「椿」はいくつある?
       市の花・町の花 一覧表はここをクリック

 

以下の記事は会報「ジャパンカメリア」93号の記事を修正したものです。カメリアの校了の後で再度データをチェックしたところいくつか誤りを発見しました。ここでは修正した文章を載せ、終わりにカメリア記事の訂正と追加の参考事項を追加しました。一覧表は「シンボル」の呼び方と、 取材の中でメモした参考情報を加えておきました。ずいぶん時間をかけましたが、これでもまだもれがあるかもしれません。お気づきの点をお知らせいただければ幸いです。

         2010年8月24日  編集部・高橋 潤

 

 「椿を市の花、町の花にしている市町は現在いくつありますか。平成の大合併前にはたしか230余と聞いた記憶がありますが。できるなら全部の市町村を旅してみたいと思っています」。5月に松山市の今村敦子さんから問い合わせの便りをいただきました。
 2008 11月発行の会誌「椿」の47号に「ツバキ・サザンカをシンボルフラワーとする市町村調査についてのお願い」が載りました。2000年2月現在では233市区町村ありましたが、その後、平成の大合併でツバキを地域のシンボルとしている市町村が減っていることに危機感を抱いた桐野前会長が実態把握を提案して会員に協力を呼びかけたのです。しかし情報が集まらず、そのままになっていました。
 諸先輩に前の資料をいただき、インターネットなどで調べて表にまとめ、そこでわかったこと、気づいた点を記してみました。

 

市町村激減 ある程度は予想していましたが、町村合併の影響の大きさにまず驚きました。桐野前会長が調査して著書『ツバキ』(家の光協会イラスト園芸シリーズ、2000年)に掲載した上記の資料では、ツバキまたはサザンカをシンボルの花あるいは木とする自治体が計233もあり、うち4つは両種を選定していました。市は64、町が148、村が21でした。今回の調べでは総数100と半分以下に激減していました。
今回は市(東京都の2区を含む)が58、町が39、村が3で、やはり村、町が大きく減っています。
 長崎県は象徴的です。10年前は1市19町がつばき、サザンカをシンボルにしていたのに、大合併を経て今は4市2町と数は約3分の1になっています。対馬の峰町、上県町は6町合併で対馬市になり、「町の花・ツバキ」は消えてしまいました。市の花は玄海つつじ、市の木は「ひとつばたご」になっています。北松浦郡の大島町は「やぶ椿」を町の花にしていましたが、2009年の合併で西海市になり、市の花は「かのこゆり」、市の木は「やまもも」、市の花木は「はまぼう」です。

 

合併後の悩み 富山県南砺市は8町村が合併して平成164月に誕生しました。ユキツバキを村の花にしていた旧井口村はかつて「日本一の椿村」をめざしていましたが、南砺市はいまだに「市の花」を制定していません。昨年3月に椿サミットを開催するなど、椿では日本有数の土地柄ですが、多くの町村が一緒になると簡単には決められないのです。
鳥取県の旧大山町(だいせんちょう)はサザンカが町の花でした。2005年に名和、中山と3町合併で新大山町になり、ここも「合併時に話は出たようですが、急ぐ必要もないとそのままになったようです」と棚上げのままです。町の花、町の木を決めるには町民の意向を反映させなければならず、地域の反目を生みかねないからです。

 

選定方法 各地の決め方を見て、「なるほど」と感心したり、にやっと笑った例がいくつかあります。悩める市町村の参考になるかも知れません。
 @「市の花・町の花」(市の木・町の木)はひとつでなくてもいいのです。横浜市は市の花がバラだけですが、「市の木」はイチョウ、ケヤキ、サザンカ、サンゴ樹、シイ、ツバキと6つもあります。福岡市は「夏の花」がフヨウ、「冬の花」がサザンカと使い分けています。久留米市は「市の花」が久留米つつじとコスモスの二つ。市の木は櫨(はぜ)が「ふるさとの木」、久留米つばきが「家庭の木」、くろがねもちとけやきが「町の木」、くすのきが「学園の木」と5種類もシンボルの木にしています。神奈川県大磯町の「町の木」は「高木」が「くろまつ」、「低木」が「さざんか」と2つあります。富山県黒部市のように、「市の花」「市の木」と別に「市の花木」を定めているところもあります。


表記・呼び方の疑問
 「市の花」「町の木」「村の花」という呼び方が一般的ですが、「市花」「市木」「町花」「町木」「村花」と書いているところがあります。「しか」「ちょうか」「そんか」などと読むのでしょうか。言葉にこだわる私にはなじみにくい表記です。

 

今後やるべきこと
 ツバキ協会としては、今村さんのような夢をもつ人のために、全国の椿の名所、銘木に関するきめ細かい情報を集め、提供しなければなりません。「市の花」「町の花」のリストから消えたものも大事にしながら。各地の愛好者が自治体に指定復活を働きかける工夫もあっていいと思います。また、椿サミット協議会の加入自治体で市の花の指定からもれている金沢、奈良、徳島、大分・佐伯などはリストに加えたいところです。いずれにせよ、各地の椿愛好家が椿の普及に努め、その魅力を広めることが最も重要なことはいうまでもないでしょう。
都道府県では、新潟県の「県の木」が「ユキツバキ」、長崎県の「県の花木」がツバキです。

 

※カメリア「市の花・市の木」訂正・追加
 最終チェックが甘く、次の誤りがありました。お詫びして訂正します。
T.一覧表【椿を市町村の花にしている自治体】(P.5)
  @削除=「滋賀・長浜市」「愛媛・西条市」
  A訂正=「大分・日田町 サザンカ」→「大分・日田市 さざんか」
  B追加=*「兵庫・宝塚市 さざんか」   *「島根・西ノ島町 椿」
      *「福岡・糸田町 サザンカ」   *「長崎・平戸市 やぶ椿」
U.4ページの記述
 @「市町村激減」
    8行目「98」→「100
    11行目「3市2町と数は4分の1に」→「4市2町と数は約3分の1に」
    18行目「市が57、町が38」→「市が58、町が39
〈注〉「椿」47号のリストは栃木県矢板市、兵庫県宝塚市、福岡県糸田町がもれていました。
   数の増減は、便宜上、新旧のリストにある市町村数で比較しました。
V.参考
 @大阪市にも「区の花」がありました。西淀川区(サザンカ)、鶴見区(ツバキ)
  住之江区(サザンカ)です。他の政令指定都市にもあるかもしれません。
 A島根県出雲市は市の木「黒松」、市の花「菊」のほかに「四季の花」(うるおいある庭園都市をめざし、市民みんなで育て親しむ四季の花です)として「春のサクラ」
  「夏のアジサイ」「秋のコスモス」「冬のツバキ」を選定しています。
 B東京都三鷹市は市の花「はなかいどう」に加えて、「準市の花」に「あさがお」「コスモス」「かんつばき」を決めています。
 

 
戻る