提案・意見の募集(2010527日)

「夢」を語って下さい
箱田新会長が「夢を語れるツバキ協会にしよう」と呼びかけました。会長1人でなく、会員全員が夢を描き、具体的な方法を考え、一緒に歩んでいきたいと考えます。
そこで、広報部の会誌・会報編集委員会では今後の活動に関する夢、希望、意見などを募集することにしました。協会への批判や不満ももちろんあるでしょう。ただ、それを新しい発展につなぐためにも、具体的で前向きな意見を歓迎します。
いただいたご意見は整理し、「カメリア」および「椿」に特集として掲載していきたいと考えています。理事会などでも議論して、新しい企画に結びつけたいと考えています。ホームページにも掲載し、活発な意見交換の場をつくろうと思います。
久留米サミットの際に開いた「交流会」では「サミットの後に支部長会議を定例で開いてほしい」「メールでいろんな意見を集めて、サミットのあとで議論すべきだ」「支部同士の交流を図れ」「5年後に新種の品評会、○○年にベトナム・ツアー、○○年に中国ツアーというように長期的な計画も考えよう」などの意見、提案が出されました。
箱田会長が挙げた項目の中でも特に組織、事業、広報についてはアイディアをお持ちの方が多いだろうと思います。批判や注文もありましょうが、どうしたら問題点を改善し、課題を実現できるかという視点での提案を歓迎します。
このホームページの「ホームページ宛メール」でお送り下さい。メールをやっておられない会員の方は郵便、ファックスで事務局の「編集委員会」宛お送り下さい。当面、期限は設けず、息長く続けるつもりです。         (広報担当・高橋)

 

原稿募集(2010527日)

 カメリア93号原稿募集
会員の皆さん、各支部の投稿、活動報告をお寄せ下さい。「椿のある風景」「支部便り」で地元の椿園、椿山のPRをぜひどうぞ。自慢の新品種を「私の作出した新花」で紹介して下さい。カメラ自慢の方は表紙の写真を狙ってみて下さい。
裏表紙にある住所あて郵便で、あるいはメールアドレスあてにEメールでお送り下さい。文章、写真ともEメール出稿を歓迎します。字数、行数は紙面を参考にお考え下さい。
会誌、会報でこんな記事を読みたい、こんな連載はできないか、という提案も歓迎します。

           (広報担当・高橋)



ツバキの写真募集(2010527日)

トップページにあなたの写真を載せます
 ホームページの模様替えを考えていますが、とりあえず古くなった表紙の写真を変えます。「会員参加でつくる」という姿勢でいきます。皆さんの自慢の椿、皆さんが撮った自慢の写真をホームページのアドレス宛送ってください。品種名、撮影の年月日・場所と○○文字以内の簡単なコメントをつけて。            (広報担当・高橋)

 


戻る